住宅ローンの選び方

金利タイプについて

無理なく返済できるよう、お客さまのライフプランに合わせてお選びください。

全期間固定金利型 変動金利型 固定金利期間選択型
こんな方におすすめ
  • 長期的に資金計画を立てたい方。
  • 将来の金利上昇リスクに備えて返済金額を確定させたい方。
  • 金利動向に柔軟に対応したい方。
  • 当面の返済額を確定しつつ、今後の金利情勢に応じて金利タイプを変更されたい方。
特徴 お借入時に最終返済日までの金利・返済金額が確定します。 市場金利に連動した金利が適用され、お借入後は年 2 回見直しがあります。
  • 返済額は金利が変わるごとにではなく、約5年ごとに見直しが行われます。ただし、変更後の返済額は変更前の1.25倍が上限となります。
3,5,10年いずれかの期間、金利を固定します。当行では固定金利期間終了後、再度固定金利または変動金利の選択をしていただきます。
イメージ図
メリット 最終返済日までの返済額が確定するため資金計画が立てやすくなります。
低金利時にお借入されると、低金利による返済額が確定します。
ご返済中に金利水準が下がった場合、返済額の減額、または、返済額に占める利息の割合が減ります。 固定金利期間を選択でき、固定金利期間が短いほど低金利でお借入いただけます。
デメリット 高金利時にお借入されると、高金利による返済額が確定します。
ご返済途中での金利の見直しができません。
ご返済中に金利水準が上がった場合、返済額の増額、または、返済額に占める利息の割合が増えます。 お借入時には固定金利期間終了後から最終返済日までの返済額は確定しません。
固定金利期間終了時に金利が上がった場合は、返済額が増加します。