自分に合った保険商品をさがす

ご家族構成からさがす

独身の方

独身の方は最低限のご自身の保障を考えましょう。そなえがあれば急な病気での入院や手術の場合も安心です。

ご夫婦のみの方

ご自身に加え、ご家族を守るための保障を考えましょう。

上記のほかにも、万一の際にのこされたご家族の生活費(給与の代わり)には保険料を抑えた「収入保障保険」があります。

お子さまがいる方

ご自身に加え、ご家族を守るための保障を考えましょう。特にお子さまの教育費は年齢とともに金額も上がるためそなえは大切です。

上記のほかにも、

  • 万一の際にのこされたご家族の生活費(給与の代わり)や教育費には保険料を抑えた「収入保障保険」があります。
  • お子さまの教育費は万一があってもなくても準備が必要です。将来の負担を減らすために、早い段階で「学資保険(こども保険)」をオススメします。

ライフイベントからさがす

就職

就職したら、まずは自分のための最低限の保障を準備しましょう。貯蓄性のある保険なら将来へのそなえにつながります。

結婚

ご結婚されたら、ご自身に加え、ご家族が当面の生活に困らないように準備しましょう。

上記のほかにも、万一の際にのこされたご家族の生活費(給与の代わり)には保険料を抑えた「収入保障保険」があります。

お子さま誕生

ご自身に加え、ご家族を守るための保障を考えましょう。特にお子さまの教育費は年齢とともに金額も上がるためそなえは大切です。

上記のほかにも、

  • 万一の際にのこされたご家族の生活費(給与の代わり)や教育費には保険料を抑えた「収入保障保険」があります。
  • お子さまの教育費は万一があってもなくても準備が必要です。将来の負担を減らすために、早い段階で「学資保険(こども保険)」をオススメします。

マイホーム購入

マイホーム購入は保険見直しのチャンス!住宅ローンにセットされた団体信用生命保険との重複を確認しましょう。保障を見直すことで保険料の節約にもつながります。

上記のほかにも、万一の際にのこされたご家族の生活費(給与の代わり)には保険料を抑えた「収入保障保険」があります。

お子さま独立

お子さまが独立されたら、保障はご自身と配偶者の方の分だけにスリム化できます。老後資金の備えに重点を置いたプランへの変更を考えましょう。

退職・セカンドライフ

ご退職し、セカンドライフになってからは「がん」や「介護」などのリスクが高まります。「病気」と「お金」のことについて考えてみましょう。

上記のほかにも、認知症となってしまった際の保障として「認知症保険」があります。

目的・心配事からさがす

万一のときにそなえたい

万一のことがあった際に、のこされた家族に金銭的な負担をかけたくない。

上記のほかにも、 万一の際にのこされたご家族の生活費(給与の代わり)には保険料を抑えた「収入保障保険」があります。

病気やケガにそなえたい

病気やケガの際、保険でまかなえない自由診療にかかる費用や差額ベッド代、諸々の雑費など、想定外の費用がかかるものです。お金が足りなくなったとならないよう備えておきましょう。

上記のほかにも、認知症となってしまった際の保障として「認知症保険」があります。

老後にそなえたい

ご自身に加え、ご家族を守るための保障を考えましょう。