人権に関する取組方針

基本的な考え方

山陰合同銀行グループは、お客様・従業員をはじめ全てのステークホルダーの基本的人権が尊重される企業風土・職場環境の醸成に取り組みます。

人権方針

  • 国際規範の尊重
    世界人権宣言、国連グローバルコンパクトなど、人権に関する国際規範を尊重します。
  • 差別の排除
    あらゆる企業活動において、人種、国籍、性別、性的指向、性自認、出身、社会的身分、信条、宗教、障がい、身体的特徴などを理由とした差別や人権侵害を行いません。
  • 人権を尊重する企業風土の醸成
    人権問題を自分自身の問題としてとらえ、相手の立場に立って物事を考えることを励行し、人権を尊重する企業風土を醸成します。
  • 働きやすい職場環境の確立
    役職員一人ひとりがお互いをビジネスパートナーとして認め合い、自由に意見を言い合える対等な関係を構築することで、働きやすい環境を確立します。
    セクシャルハラスメントやパワーハラスメント等を人間の尊厳を傷つける行為として認識し、これらのハラスメントを職場から排除します。
  • 公正な採用の実施
    従業員の採用に当たって、本人の能力と適正のみを基準とした、厳正かつ公平な採用を行います。
  • 人権研修の実施
    あらゆる人権課題の解決に向け、役職員一人ひとりが人権に関する正しい理解と認識を深めるため、幅広い人権啓発研修に取り組んでいきます。