電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針

株式会社山陰合同銀行(以下、当行)は、「銀行法等の一部を改正する法律」(平成二十九年法律第四十九号)の規定に基づき、「電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針」を公表致します。

1. 基本方針

当行は、「地域の夢、お客様の夢をかなえる創造的なベストバンク」を企業理念とし、金融サービスの提供を通して地域およびお客様のニーズにお応えし、共に発展・成長することを目指しております。
今後もより付加価値の高い金融サービスを提供するために、利用者保護の確保に留意しつつ、電子決済等代行業者をはじめとする様々なパートナーと積極的な連携・協働を行い、オープン・イノベーションの促進、地域エコシステムの構築を目指してまいります。

2. オープンAPIの体制整備に係る方針

当行は、基本方針の実現およびお客様にセキュリティを確保しつつ利便性の高いサービスをご利用いただくために、オープンAPIに関する体制整備に取り組んでおります。なお、整備状況は以下のとおりです。

【整備状況】 資金移動関連 口座参照関連
法人のお客様 整備済 整備済
個人のお客様 整備済 整備済

3. オープンAPI連携に係るシステムについて

当行は、オープンAPI関連のシステムの設計、運用及び保守について、株式会社エヌ・ティ・ティ・データへ委託します。
なお、当行は、インターネットバンキングシステムについて、株式会社エヌ・ティ・ティ・データが提供するANSERサービスを利用しています。

4. その他参考情報

株式会社エヌ・ティ・ティ・データが提供する「OpenCanvas API開発者ポータル」において、APIの仕様等をご確認いただけます。

(当行が提供するオープンAPIの機能と上記ポータルに掲載されている機能は、一部異なる場合があります。詳細は下記連絡先にお問い合わせください。)

5. 連絡先

当行との連携および協働についてご検討の電子決済等代行業者の方は、以下までお問合せください。
IT統括部デジタル推進グループ(0852-55-1471、ds@gogin.co.jp

(2020年6月25日現在)