このページの本文へ移動

はじめての投資信託

投資信託とは

投資信託とは、多数のお客さまから集めたお金をひとつにまとめて、運用の専門家である投資信託運用会社が株式、債券、REIT(不動産投資信託)等に投資・運用し、その成果を収益(損失)としてお客さまにお返しする金融商品です。

投資信託の特徴

特徴1少額から購入できます。

一般的に株式、債券、REIT(不動産投資信託)等に投資するには、ある程度まとまった資金が必要ですが、投資信託は少額から購入できます。

特徴2投資の専門家が運用します。

投資信託は、投資信託運用会社のファンドマネージャーがお客さまに代わって運用を行います。

特徴3資金を分散して運用します。

多数のお客さまから集めたお金をひとまとめにして、複数の投資対象に分散投資することで、ファンド全体のリスクの抑制を図ります。

特徴4さまざまなタイプの商品からお選びいただけます。

投資対象や投資地域によってさまざまな商品があります。お客さまのご意向や投資目的に合わせて商品をお選びいただけます。

ファンドを購入する

インターネットでご購入される方

インターネットバンキングから投資信託のお取引ができます。
※インターネット投信のご利用には、証券口座の開設が必要です。

お近くの店舗でご購入される方

投資信託に関するご留意事項
  • 当資料は山陰合同銀行が作成した資料であり法令に基づく開示資料ではありません。投資信託をご購入の際は、投資信託説明書(目論見書)、契約締結前交付書面等をお渡ししますので、必ず内容をご確認のうえご自身でご判断ください。
  • 投資信託は株式や債券等の値動きのある有価証券等を投資対象としますので、信託財産に組入れた有価証券等の価格の変動、金利の変動、発行者の信用状況の変化等により投資信託の基準価額が下落し、投資元本を割り込むことがあります。また、外貨建資産に投資する場合には為替の変動により基準価額が下落し、投資元本を割り込むことがあります。したがいまして、投資信託は投資元本が保証されているものではありません。
  • 投資した資産の減少を含むすべてのリスクはお客さまが負うこととなります。
  • 投資信託は銀行の預金ではありません。したがいまして、預金保険の対象ではありません。
  • 山陰合同銀行でご購入いただく投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託のお取引はクーリング・オフの対象にはなりません。
  • 投資信託には購入や換金可能日に制限がある場合があります。
  • 山陰合同銀行は投資信託の販売を行い、投資信託の設定・運用は運用会社(委託会社)が行います。

商号等:株式会社山陰合同銀行
登録金融機関 中国財務局長(登金)第1号
加入協会:日本証券業協会

ページトップ