エントリー

女性活躍推進

HOME > 女性活躍推進

女性の活躍機会拡大

ワークライフバランスの充実を図り、女性の活躍の場を広げる取り組みを推進するごうぎん。
中期経営計画の中で、管理職の女性比率を15%から20%に引き上げる目標を掲げています。

くるみんの認定企業(次世代育成支援対策推進法)に指定

平成24年5月24日に島根労働局より次世代育成支援対策推進法に基づく「くるみんマーク」の認定を受けました。従業員301人以上の企業としては島根県内初(中国地方の金融機関では3番目)です。これは、育児休業制度の充実、子育て世代の短時間勤務制度の実施、ノー残業デーの実施、時間外労働の削減、男性の育児休暇の取得、女性管理職の積極的な登用など、女性の活躍機会拡大への取り組みが評価されたものです。今後も諸制度の充実や環境づくりに向けて努力していきます。

キャリア形成支援

行員同士が思いやりを持ち、楽しく働ける職場をつくりたい!
後に続く若い行員を育てるために 。

「お客様をおもてなしの心で」と言っても、みんなで頑張ればできるというものではありません。上司が部下を思いやってはじめて、部下はお客様のことを思いやれるようになる。それが職場づくりで私の大切にしていることです。そのために心がけているのが、小さな不安や不満を一つひとつ解消していくこと。若い行員たちを育てていくためにも、楽しく働くことができる環境づくりを目指して取り組んでいます。

ごうぎんには、すでにエリア職で支店や出張所のトップを務める女性がおり、身近な目標としてその背中を見て、私も3児の母として仕事と家庭を両立してきました。家族を大切にしながら仕事もできる女性行員のモデルになることが、これからの目標であり役目ですね。若い行員たちには子どもに働く姿を見せられる強い女性になってほしいと願っています。そのためには、結婚・出産などの人生の契機があった時に「やっぱり働きたい!」と思える職場じゃないと。それが女性役席者ならではの役割ですし、何よりも使命を感じるところです。

育児休業制度

当たり前のように取得できて、手当も充実。
整った支援環境に助けられました。

ごうぎんには、最長3年利用できる育児休業制度があり、これまでに数多くの行員が男女問わず利用しています。私は、2011年8月に出産し、2012年9月まで1年1カ月の育休を取得しました。1年間の取得は当たり前のように取得でき、しかも法定期間を過ぎても独自の補助金制度があるので金銭的なサポートも充実しています。一番の心配は、職場復帰がスムーズにできるかどうかだったのですが、育児休業者に対する専門スタッフから定期的に電話連絡がありますし、会報誌や地区ごとのママミーティングで会社の情報が得られるので常につながりを感じることができます。

何よりも職場からの「机を用意して待ってるよ」の声がうれしく、「帰る場所がある」ことに安心して育休を楽しむことができました。入行した頃は、育児休業制度について特に意識したことはありませんでしたが、結婚して出産・子育ての時期を迎えた時にはじめて、整った環境や充実した制度があって本当に良かったと実感。こうぎんなら、育児と仕事の両立もスムーズです。

 

育児休業制度の主な支援内容

●育児休業期間/子どもが3歳になるまで
●育児休業補助金制度/子どもが3歳になるまで・補助金月額5万円
●育児短時間勤務制度/小学校3年生修了まで
●子どもの看護のための休暇/小学校3年生修了まで