生体認証サービス付きICキャッシュカード

悪質なカード犯罪に対する被害を防止するために。
キャッシュカードのセキュリティが大きく向上します。

カードの特徴

  1. ICチップでお客さまの情報を保護
  2. 生体認証による不正カード利用(なりすまし)防止
  3. 利便性に配慮した「磁気ストライプ」併用カード
生体認証サービス

ATMご利用時に、ICキャッシュカードの「ICチップ」内に登録してある生体情報(指の静脈パターン)でご本人を確認するサービスです。

詳しくはこちら

ご利用いただけるお客さま

個人のお客さま

ICキャッシュカードの対象預金

  • 普通預金(総合口座および決済性普通預金を含みます。)
  • 貯蓄預金(新規お申込は、2016年12月19日より中止しております。)

有効期限

  1. 2011年2月1日以降にお申込みのお客さま
    カードに有効期限はありません。期限なしでご利用いただけます。
  2. 2011年1月31日以前にお申込みのお客さま
    カード発行から5年後の応当月末日が有効期限です。
    ※有効期限はカード券面に表示しております。
    初回有効期限のみカードを更新させていただき、有効期限のない新カードを送付させていただきます。
    新カードには有効期限はありません。期限なしでご利用いただけます。

手数料(税込み)

  本人カード 代理人カード
カード発行手数料 1,100円 550円
生体情報登録手数料 1,100円 550円
  1. 生体認証サービスをご利用の場合に必要となります。

1口座1日あたりのご利用限度額

当行・提携金融機関のIC対応ATM
(ゆうちょ銀行、セブン銀行を含みます)
100万円
その他のATM 100万円
  • 当行・提携金融機関のIC対応ATMとその他のATMのご利用金額合計は、1口座1日あたり最大100万円が上限となります。
  • 100万円には、ATMでのお引出し額や、振込、定期振替、宝くじ購入、デビットカード、代理人カードご利用額も含まれます。
  • ローソン銀行・イーネットのIC対応ATMでは、1日あたりのご利用限度額は100万円となります。
  • 2019年12月までに開設された普通預金口座の場合、その他のATMの1日あたりのご利用限度額は50万円となります。
  • 一部の提携金融機関のIC対応ATMでは、1日あたりのご利用限度額が50万円となります。

ICキャッシュカードご利用までの流れ

ICキャッシュカードご利用までの流れ
  • 生体認証サービスをお申込みされない場合、従来通り暗証番号による本人確認となります。

ICキャッシュカードご利用方法

当行のIC対応ATMの利用方法 その他のATMの利用方法
  • ICキャッシュカードには従来のキャッシュカード同様「磁気ストライプ」を搭載していますので、当行のIC対応ATM以外でもご利用いただけます。
  • 利用限度額はATMで変更できます(一部お取扱できないATMもございます)。ただし、利用限度額を引き上げる場合は、窓口でお手続が必要です。

(2020年1月5日現在)