暮らしが楽しくなるヒントやなるほど情報 知っ得コラム

TOP > 知っ得コラム > キャッシングとカードローンの違いとは?【比較表付き】

2020/03/31

キャッシングとカードローンの違いとは?【比較表付き】

キャッシングとカードローンの違いとは?
(写真=写真AC)

クレジットカードの「キャッシング」も借入専用の「カードローン※」も、カードを使ってお金を借りることができるサービスです。
キャッシングとカードローンは一見似ているように感じますが、両者の共通点はそれくらいで、実はその他の点では異なることが多いです。
この記事では両者の違いを、比較表を使いながら解説します。用途や状況に応じて「賢く」使い分けましょう。

※どちらのサービスも、発行元によって商品の内容は様々です。ここでカードローンとは「借入れ専用のローンカード」を発行して借入れを行うものとします。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの大きな違いは、サービスの提供者です。キャッシングはクレジットカード会社などが提供しているサービスで、カードローンは銀行や消費者金融が提供しています。
機能面にも違いがあり、クレジットカードで「買い物もできるし、キャッシングもできる」というのが、キャッシングの特徴です。クレジットカードに紐付いた一つの機能という考え方が近いでしょう。

カードローンは、カードを使ってATMで現金を借入れることができます。専用のローンカードでは借入れのみでき、そのカードで買い物はできません。

キャッシングもカードローンもATMで借入れできる

キャッシングとカードローン比較表

キャッシングとカードローンの違いを表にしてみました。
※ごうぎんが発行するDuoカードのキャッシング機能とごうぎんカードローンで比較

2020年3月9日現在

Duoカードのキャッシング カードローン
借入れ方法 クレジットカードを利用してATMで引出し 専用ローンカードでATMで引出し
借入(利用)限度額
※審査結果による
数万~50万円
※利用枠はショッピング利用分と合算
10万~500万円
金利 年15.0% 年3.2%~年14.0%
※限度額による
返済方法 翌月1回払いまたは定額リボ払い ATMで好きなときに返済が可能(利用残高に応じて毎月定額の返済有)
審査 クレジットカード契約時に枠を設定していれば新たな審査は不要 必要(最短1〜2日)

表の内容を詳しくみていきましょう。

キャッシングの特徴

キャッシングの最大のメリットは、キャッシング枠を設定したクレジットカードを持っていれば、新たな申込みをすることなく、限度額内でお金を借りられることです。

最初からお金を借りる予定がなくても、日常生活でクレジットカードを利用するなら、枠を作っておくと便利でしょう。急にお金が必要になったとき、同じクレジットカードでお金を借りることができます。

ただし、金利が高めなので、「緊急性」があって「少額借りるとき」など、使い方を決めておくと賢い利用ができます。

カードローンの特徴

カードローンの最大のメリットは、審査の結果にもよりますが、借入限度額が最大数百万円と大きいことです。また、用途が限定されないので、結婚資金や教育資金、思わぬ出費で足りなくなった生活費の補填などにも使うことができます。

そして、カードローンも「いざというとき」に備えておくことができます。

カードローンは、お金を借りる予定がなくても申込むことができます。今は必要なくても、これから先何かあった時のために事前に契約しておけば、急にお金が必要になったときにすぐに現金を借りることができ安心です。

どう使い分けると良い?

キャッシングとカードローンどう使い分ける?
(写真=写真AC)

キャッシングとカードローン、それぞれ特徴の違いを知った上で賢く使い分ける例についてもご紹介します。

キャッシングが適する場合

普段クレジットカードを中心に生活していて、比較的少額の現金が急に必要になった場合、追加の審査なしで利用できるキャッシングが役立ちます。金利は高めですが、一括返済などすぐに返済するのであれば、実質の金額は低く抑えることができます。借入をする機会があまりない方はクレジットカードのキャッシング機能があれば十分かもしれません。

カードローンが適する場合

カードローンは想定外の大きな出費にも対応できます。
もちろん少額の借入れもでき、出し入れ自由で繰り返し使え便利です。

また一般的に、カードローンの金利はキャッシングの金利より低いので、一時的にキャッシング利用した分をカードローンで返済することで、全体の返済額を抑えることができます。

ただし、いずれにせよ無理のない返済計画を立てた上で借入れることが重要です。

最後に

キャッシングとカードローンは、カードでお金を借りること自体は似ていますが、特徴が異なる全く別のサービスです。

クレジットカードのキャッシング枠があれば追加の審査なく借入れができます。キャッシングの金利は高いですが、借入れ額や返済期間に注意すれば便利です。

一方でカードローンは、キャッシングよりも金利が低いケースが多いので、キャッシングをよく使うという人は、専用のカードローンを利用することで、利息額を抑え全体の返済額を抑えることができるでしょう。

それぞれの特徴をよく理解し、自分の生活にあったカードを、無理なく計画的に賢く利用しましょう。

CONTENTS

CONTENTS

コンテンツ

コンテンツ

────── PR ──────