暮らしが楽しくなるヒントやなるほど情報 知っ得コラム

TOP > 知っ得コラム > カードローン借り換えの基礎知識 利用メリットと注意点

2019/11/29

カードローン借り換えの基礎知識 利用メリットと注意点

カードローンをフリーローンに借り換えるメリットと、借り換えをする前に知っておきたい注意点
(写真=写真AC)

カードローンやキャッシングを利用していて、思ったより負担が大きいと感じたことはないでしょうか。その場合、より利率の低い「金融機関のフリーローン」に借り換えることで、月々の負担を減らし、支払総額を減らすことができるかもしれません。
この記事では、フリーローンに借り換えるメリットと、借り換えをする前に知っておきたい注意点を紹介します。

借り換えとは、新規にローンを借りることで現行のローンを完済し、借り換え後のローンの返済を続ける方法です。
ローンを借り換えるメリットは、主に次の2つのメリットがあります。

  • 返済額を減らすことが期待できる
  • 複数のローンをまとめることができる

ひとつずつみていきましょう。

返済額を減らすことが期待できる

返済の負担が「重い」と感じるのは、大抵の場合、利率が高いことにより返済額が多くなるためです。ローンを利用する人は借りたお金に注目しがちですが、利率が高いと返済を続けても残高はなかなか減りません。
そこで利率の低いローンに借り換えれば、月々の負担や最終的な返済総額を減らすことができます。
これが借り換えのメリットです。

複数社のローンをまとめることができる

もし複数のローンを利用していたら、それらをフリーローンにひとまとめにすることができます。これを「ローンの一本化」といいます。
ローンの一本化には下記のようなメリットがあります。

  • 残高を把握しやすくなる
  • 返済日を統一できる

複数のローンを利用していると、総残高が明確にならず返済状況をつかみづらくなります。また、ひと月の返済日が複数回になるので、管理が複雑になります。ローンの一本化はこうした問題を解消できます。

ローンの借り換えでどの程度返済額に差が出てくるのかシミュレーションしてみましょう。

条件は以下のとおりです。

  • 当初の借入額:50万円(カードローンおよびキャッシングを利用)
  • 月々の返済額:約2万円
    ①借り換えなし:カードローン・キャッシングをそのまま返済する
    ②借り換えあり:4カ月目から金融機関のフリーローン(金利年7.0%)に借り換える
単位:円
借入先 金利 借入額 毎月の返済額 返済総額 返済期間
①借り換えなし
全期間 カードローン・キャッシング 年15.0% 50万円 2万89円 60万2,660円 30ヵ月
②借り換えあり
最初の3ヵ月 カードローン・キャッシング 年15.0% 50万円 2万89円 6万267円 3ヵ月
4ヵ月目以降 金融機関のフリーローン 年7.0% 46万円 2万595円 49万4,280円 24ヵ月
合計 55万4,547円 27ヵ月
借り換えなし/ありの差額 -4万8,113円 -3ヵ月

毎月の返済額はどちらも2万円ほどで同じですが、借り換えをすると金利が変わるため返済額を約4万8千円減らすことができます。さらに返済期間も3ヵ月短くなり、負担を軽くすることが可能です。

先ほど、複数のローンをフリーローンにまとめる「ローンの一本化」について紹介しましたが、カードローンでも一本化することはできます。しかし利率の低いフリーローンで一本化したほうが「お得」になるでしょう。
毎月の支払額が定額になり、支払終了年月もわかって資金計画が立てやすくなります。

借り換える前に知っておきたい3つの注意点とは?
(写真=写真AC)

ローンの借り換えは賢く利用すると返済額を減らすことができますが、実施するときは次の3点に注意してください。

  • 借り換えによって必ず返済額が減るわけではない
  • 返済額が逆に増えないよう、シミュレーションは入念に
  • 借り換えにも審査がある

とても重要なことなので、必ず頭に入れておくようにしましょう。

借り換えしても必ず返済額が減るわけではない

借り換えによって返済額が減るのは、現行のローンの利率より、借り換え後のローンの利率が下がるときです。借り換えれば自動的に返済額が減るわけではありません。条件によっては返済額が変わらないこともあり、借り換え後のローンの利率が上がれば、返済額が増えてしまうこともあります。
また、複数のローンをまとめることによって、ローンの返済期間が延びることもあります。

返済額が逆に増えないよう、シミュレーションは入念に

借り換えをするときは、入念にシミュレーションしましょう。先ほどお伝えしたように、せっかく借り換えをしたのに返済額が変わらなかったり、逆に増えたりすることもありえるからです。借りるときの条件を確定させてシミュレーションをすれば、返済額が減るのか増えるのかがはっきりわかります。

借り換えにも審査がある

有利な利率のローンがみつかっても、必ず借り換えを実行できるわけではありません。ローンの借り換えの場合も、金融機関での審査があり、審査に通った場合のみ借り換えを実施できます。

ローンの月々の返済の負担が大きいと感じたら、ぜひ一度、借り換えを検討してみてください。今は低金利時代なので、利率の低いローンがみつかる可能性があります。利率の低いローンに借り換えることができれば、月々の負担が減り、返済総額も減額されます。

特にカードローンやキャッシングを利用している場合は、金融機関のフリーローンに借り換えることで負担を減らすことが期待できるでしょう。

CONTENTS

CONTENTS

コンテンツ

コンテンツ

────── PR ──────