このページの本文へ移動

インターネットバンキングサービスご利用規定の改定のお知らせ

 山陰合同銀行では、全銀システムの稼働時間が拡大される2018年10月9日(火)より、他行宛て振込の即時入金取扱時間を拡大します。
これに伴い、インターネットバンキングサービスご利用規定を改定し、2018年10月9日(火)以降、新規定によりお取扱させていただきます。
なお、改定後の新規定は、改定前よりお取引いだいているお客さまにも適用されます。

《改定事項》
下表では、変更または追加する条項のみ記載しております。

インターネットバンキングサービスご利用規定(新旧対比)
改定前 改定後
第6条(振替・振込サービス)
  .取引日付
    取引の実施日は、約1 ヵ月先まで指定できます。
当日扱いの場合、取引の依頼内容の確定時点で当行所定の時限を過ぎている場合、または受付日が銀行休業日の場合は、「翌営業日扱」とし、翌営業日に「振込先口座」あてに入金処理を行います。なお、「翌営業日扱」となる場合は、取引の依頼の受付時にその旨お知らせします。
ただし、当行本支店にある普通預金、貯蓄預金口座あてに当行所定の時間に振替または振込の依頼を受付けた場合は、当日扱いとします。
なお、「翌営業日扱」以降のものを「予約扱」といいます。
第6条(振替・振込サービス)
  .取引日付
    取引の実施日は、約1 ヵ月先まで指定できます。
取引の依頼内容の確定時点で当行所定の時限を過ぎている場合は、「翌営業日扱」とし、翌営業日に「振込先口座」あてに入金処理を行います。なお、「翌営業日扱」となる場合は、取引の依頼の受付時にその旨お知らせします。
なお、「翌営業日扱」以降のものを「予約扱」といいます。
 

 

ページトップ