このページの本文へ移動

預貯金口座付番に係る個人番号の利用目的の変更について

 株式会社山陰合同銀行(以下「当行」といいます)は、個人情報の保護に関する法律第15条第2項および第18条第3項を踏まえ、当行の個人番号の利用目的を以下のとおり変更(追加)することをお知らせいたします。なお、変更日は、預貯金口座付番が開始される平成30年1月1日からといたしますので、申し添えます。
 ※変更点は下線部をご覧ください。

 

個人番号の利用目的

 

        

当行の個人番号の利用目的は、以下のとおりです。

 

金融商品取引に関する法定書類作成事務のため

 

金融商品取引に関する口座開設の申請・届出事務のため

 

非課税貯蓄制度等の適用に関する事務のため

 

国外送金等取引に関する法定書類作成事務のため

 

金地金等取引に関する法定書類作成事務のため

 

信託取引に関する法定書類作成事務のため

 

教育資金贈与非課税制度等の適用に関する事務のため

  預貯金口座付番に関する事務のため
   
 

以上

 

 

ページトップ