このページの本文へ移動

Q&A ※ワンタイムパスワード(ハードトークン)

Q1. 電子証明書方式による契約法人ログオンを押下すると、「ログオン画面が異なります。」と表示されますが、どうすればよいですか。
A1.

以下をご確認ください。

電子証明書選択画面と説明文

 
Q2. 電子証明書の取得もしくは更新時に、「サポートされていないブラウザです。ステータスコード:100」というエラーがでますが、どうすればよいですか。
A2. 互換表示設定を行ってください。
詳しくはこちらをご確認ください。
 
Q3. ワンタイムパスワード(ハードトークン)が設定できているか確認がしたいです。どうすればよいですか。
A3.

契約法人(管理者)でログオンし、画面右上の「契約法人ステータス表示」をクリックしてください。
契約法人ステータス画面の下部にハードトークン利用登録情報が表示されます。シリアル番号と有効期限が表示されていれば設定済みです。
契約法人ステータス画面

 
Q4. ハードトークンには有効期限がありますか。
A4. ハードトークンの有効期限は、最長5年です。
ハードトークンの有効期限は、ハードトークンの裏面に印字されています。
有効期限到来前に当行から更新のご案内をさせていただく予定です。
 
Q5. ハードトークンは必ず利用しなくてはならないのですか。
A5. インターネットバンキングサービスをより安全にご利用いただくため、ハードトークンは必ずご利用いただきます。
 
Q6. 一括データ伝送サービスにはハードトークンの利用はないのですか。
A6. オンラインサービスのみのご利用となります。
 
Q7. ハードトークンが複数個送付されてきました。全員で同じトークンを使うことにしましたが、使わないハードトークンはどうすればよいですか。
A7. 予備として保管いただくか、使う予定がない場合は破棄してください。
 
Q8. 追加でハードトークンを申込するが、どれくらいで手元に届きますか。
A8. 通常、1週間から2週間程度かかります。
 
Q9. ハードトークンが故障しました。急いで行わないといけない取引がありますがどうすればよいですか。
A9. 一時的に認証方式をハードトークンから、確認暗証番号のみに変更することができます。ごうぎんビジネスインターネットバンキング利用停止届(兼管理者専用カード再発行、ハードトークン追加申込書)をお取引店までご提出ください。
 
Q10. ハードトークンの利用登録の際に、ハードトークンに表示されているパスワードを間違えて入力したら、利用停止になってしまいましたが、どうすればよいですか。
A10. お手数をおかけしますが、書面でのお手続きが必要となります。ごうぎんビジネスインターネットバンキング利用停止届(兼管理者専用カード再発行、ハードトークン追加申込書)をお取引店までご提出ください。
 
Q11. 振込操作時にハードトークンに表示されているパスワードを間違えて入力したら、利用停止になってしまいましたが、どうすればよいですか。
A11. 管理者さまにご連絡いただき、ハードトークンの利用停止解除の手続きをお願いしてください。
 

 

お問い合わせ

お電話で相談する

山陰オフィスサービス EBセンター

0120-315197 0120-315197

受付時間: 平日 8:45~17:00(銀行休業日は除く)

窓口で相談する

  • メールで相談する

ページトップ