このページの本文へ移動

平成27年6月12日 平成27年7月1日より定期預金等の中途解約利率の計算方法について一部改定します

平素は山陰合同銀行の各預金商品にお預け入れいただき、誠にありがとうございます。
この度、山陰合同銀行では、平成27年7月1日(水)より定期預金等の中途解約利率の計算方法について一部改定します。
これは近年、定期預金利率と普通預金利率の差が縮小したことにより、預入期間が6ヵ月以上の定期預金等を中途解約した場合に普通預金利率を下回るケースが発生したため、普通預金利率を下回らないよう改定を行うものです。また、預入期間が6ヵ月未満の場合は、解約日の普通預金利率から預入日の普通預金利率に改定いたします。
平成27年7月1日以降、新規にお預け入れいただいた定期預金等(自動継続の場合は自動継続後の定期預金等)が対象となります。
詳しくは下記の商品概要説明書をご確認ください。
引続き山陰合同銀行をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
<改定内容>
(例)スーパー定期<単利型>の場合
<変更前>

 満期日前に解約する場合は、以下の中途解約利率により計算した利息とともに払戻しします。
 A.預入期間が6ヵ月未満の場合・・・・・・・・・・解約日における普通預金利率
 B.預入期間が6ヵ月以上1年未満の場合・・・・・・・約定利率×50%
 C.預入期間が1年以上3年未満の場合・・・・・・・・約定利率×70%
 D.預入期間が3年以上(中間利払型)の場合・・・・・約定利率×80%

 

<変更後>

 満期日前に解約する場合は、以下の中途解約利率により計算した利息とともに払戻しします。
 なお、預入期間が6ヵ月以上の場合は、計算した中途解約利率が預入時の普通預金利率 
を下回る場合は、その普通預金利率を下限とします。

 A.預入期間が6ヵ月未満の場合・・・・・・・・・・・預入日における普通預金利率
 B.預入期間が6ヵ月以上1年未満の場合・・・・・・・約定利率×50%
 C.預入期間が1年以上3年未満の場合・・・・・・・・・約定利率×70%
 D.預入期間が3年以上(中間利払型)の場合・・・・・約定利率×80%

 

<対象商品>
スーパー定期、スーパー定期300、大口定期預金、期日指定定期預金、変動金利定期預金、フリー定期預金、プラン積立定期預金、ごうぎんゴールド定期、金利優遇定期300、ごうぎんプレミアム定期、ごうぎんインターネット定期、ごうぎんインターネット積立定期、定期積金、一般財形預金、財形住宅預金、財形年金預金、通知預金、非居住者円定期預金

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)
ページトップ