このページの本文へ移動

はじめての投資信託

投資信託の主なリスク

投資信託には主に以下のリスクがあります。一般的にリスクとは、収益の振れ幅のことです。

価格変動リスク

投資信託に組み入れた株式、債券、REIT(不動産投資信託)等の価格の変動により、基準価額が影響を受けるリスクのことです。例えば、株式市況、債券市況や不動産市況が低迷した場合には、基準価額の下落要因となります。

変動要因 基準価額
価格上昇 上昇
価格下落 下落

金利変動リスク

組み入れられた公社債は、金融情勢の変化により価格が変動します。例えば、金利が上昇した場合債券価格は下落します。結果として、投資信託の基準価額の下落要因となります。

変動要因 基準価額
金利下降 上昇
金利上昇 下落

為替変動リスク

海外の株式、債券、REIT(不動産投資信託)等に投資する投資信託が、為替レートの変動により基準価額に影響を受けるリスクのことです。例えば、円高になった場合には、外貨建て資産を組み入れた投資信託の基準価額の下落要因となります。

変動要因 基準価額
円安 上昇
円高 下落

信用リスク

投資信託に組み入れた有価証券の発行体の経営・財務状況の悪化およびそれに伴う評価が変化した場合、基準価額の下落要因となります。

変動要因 基準価額
状態改善 上昇
状態の悪化 下落

流動性リスク

株式、債券、REIT(不動産投資信託)等の保有している金融商品が換金(売却)しやすいかどうかのリスクです。人気のある企業の株式であればすぐに買い手もみつかりますが、人気のない企業の株式や特殊な債券だと買い手がみつからないため、希望した価格で売れない可能性があります。つまり、換金が難しい金融商品を流動性リスクが高いといいます。

変動要因 基準価額
リスクの低減 上昇
リスクの上昇 下落

カントリーリスク

有価証券に投資するファンドの場合、その国の経済的要因、政府の資本規制等の政治的理由、社会情勢の混乱等の非常事態の発生の影響により、基準価額が下落する可能性があります。一般的に新興国への投資ほどこのリスクが高まる傾向にあります。

変動要因 基準価額
非常事態発生 下落

リスクとリターンの関係

投資信託には、リスク(収益の振れ幅)とリターン(収益)が発生します。このリスクとリターンをしっかりと理解したうえで、ご自分の投資目的とリスクの許容度に合ったファンドを選びましょう。

リスクとリターンの関係

ファンドを購入する

インターネットでご購入される方

インターネットバンキングから投資信託のお取引ができます。
※インターネット投信のご利用には、証券口座の開設が必要です。

お近くの店舗でご購入される方

投資信託に関するご留意事項
  • 当資料は山陰合同銀行が作成した資料であり法令に基づく開示資料ではありません。投資信託をご購入の際は、投資信託説明書(目論見書)、契約締結前交付書面等をお渡ししますので、必ず内容をご確認のうえご自身でご判断ください。
  • 投資信託は株式や債券等の値動きのある有価証券等を投資対象としますので、信託財産に組入れた有価証券等の価格の変動、金利の変動、発行者の信用状況の変化等により投資信託の基準価額が下落し、投資元本を割り込むことがあります。また、外貨建資産に投資する場合には為替の変動により基準価額が下落し、投資元本を割り込むことがあります。したがいまして、投資信託は投資元本が保証されているものではありません。
  • 投資した資産の減少を含むすべてのリスクはお客さまが負うこととなります。
  • 投資信託は銀行の預金ではありません。したがいまして、預金保険の対象ではありません。
  • 山陰合同銀行でご購入いただく投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託のお取引はクーリング・オフの対象にはなりません。
  • 投資信託には購入や換金可能日に制限がある場合があります。
  • 山陰合同銀行は投資信託の販売を行い、投資信託の設定・運用は運用会社(委託会社)が行います。

商号等:株式会社山陰合同銀行
登録金融機関 中国財務局長(登金)第1号
加入協会:日本証券業協会

ページトップ