このページの本文へ移動

平成26年4月28日 【重要】ビジネスインターネットバンキングを安全にご利用いただくためのセキュリティ対策のお願い

 平素は山陰合同銀行の「ビジネスインターネットバンキング」をご利用いただき誠にありがとうございます。

 さて、最近全国的にインターネットバンキングを狙った犯罪が増加しております。犯罪の多くはお客さまのパソコンをウイルス感染させ、ウイルス感染したパソコンのIDやパスワードを盗み取り、第三者の口座に不正に送金する手口です。

 当行ではビジネスインターネットバンキングのセキュリティ強化を図るため、電子証明書によるログオン方式を導入しておりますが、ウイルス感染したパソコンでは電子証明書が有効に機能せず不正に送金が行われる事象が他の金融機関において発生しています。

 ビジネスインターネットバンキングを安全にご利用いただくために、以下の点をご注意ください。

お客さまのパソコン等のセキュリティ対策

ご利用OS・ブラウザ等は、メーカーが提供する最新のセキュリティ更新プログラム等を常に適用してください。
※Windows XPはマイクロソフト社の公式サポートが終了しておりウイルス感染リスクが高まりますので、ご利用は絶対にしないでください。
市販のウイルス対策ソフトを導入し、常に最新のパターンファイルを適用し、お客さまのパソコンがウイルス感染していないか、定期的に可能な限り短い周期でチェックしてください。
当行が無償で提供しております不正送金対策ソフトPhishWall(フィッシュウォール)プレミアムを併用ください。
※ビジネスインターネットバンキングログオン前画面からインストール可能です。
ビジネスインターネットバンキングを利用するためのパソコンでは、不審なウェブサイトやメールの閲覧または送受信に利用しないようにしてください。
不審なメールは開かずに速やかに削除してください。
ビジネスインターネットバンキングを利用するパソコンや無線LANのルータ等について、未利用時は可能な限り電源を切断してください。
 

ビジネスインターネットバンキングご利用時の対策

利用するパソコンを限定する電子証明書方式をご利用ください。
管理者と利用者で同一のパソコンを使用せず、できる限り別のパソコンをご利用ください。
管理者メニューの権限認証機能をご利用いただき、各種資金移動業務の登録者・承認者を分け、できる限り同一のパソコンを利用しないでください。
※権限や操作するパソコンを分けることで、万が一どれかのパソコンがウイルス感染した場合でも、そのパソコンだけでは送金ができないため被害を防ぐことが可能です。
取引上限金額を必要最低限に設定してください。
不審なログオンがないか、ログオン時には確認してください。
パスワードは類推されにくいものを利用し、パスワード等入力時には「ソフトウェアキーボード」をご利用ください。
取引受付メールは、携帯電話またはスマートフォンで受信することで、不正な取引を早期に検知することができ、被害を防止する可能性が高まります。
 

万が一の場合は

身に覚えのない取引などを発見された場合や、ご利用のパソコンがウイルスに感染した場合は、ビジネスインターネットバンキングの取引は中止いただき、すぐに下記ヘルプデスクまでご連絡いただき、利用停止措置をお申し出ください。

お問い合わせ

お電話で相談する

山陰オフィスサービス EBセンター

0120-315197 0120-315197

受付時間: 平日 8:45~17:00(銀行休業日は除く)

窓口で相談する

  • メールで相談する

ページトップ