このページの本文へ移動

平成28年2月23日 【重要】インターネットバンキングを安全にご利用いただくためのセキュリティ対策のお願い

 平素は山陰合同銀行の「インターネットバンキング」をご利用いただき誠にありがとうございます。

 さて、最近全国的にインターネットバンキングを狙った犯罪が増加しております。犯罪の多くはお客さまのパソコンをウイルス感染させ、ウイルス感染したパソコンのIDやパスワードを盗み取り、第三者の口座に不正に送金する手口です。

 インターネットバンキングを安全にご利用いただくために、以下の点をご注意ください。

 

お客さまのパソコン等のセキュリティ対策

 ・ ご利用OS・ブラウザ等は、メーカーが提供する最新のセキュリティ更新プログラム等を常に適用してください。 
   ※ Windows XPはマイクロソフト社の公式サポートが終了しておりウイルス感染リスクが高まりますので、ご利用は絶対にしないでください。
 ・ 市販のウイルス対策ソフトを導入し、常に最新のパターンファイルを適用し、お客さまのパソコンがウイルス感染していないか、定期的に可能な限り短い周期でチェックしてください。  
当行が無償で提供しております不正送金対策ソフト PhishWall(フィッシュウォール)プレミアムを併用ください。
    インターネットバンキングログオン前画面からインストール可能です。
 ・ インターネットバンキングを利用するためのパソコンでは、不審なウェブサイトやメールの閲覧または送受信に利用しないようにしてください。
 ・ 不審なメールは開かずに速やかに削除してください。
 ・ インターネットバンキングを利用するパソコンや無線LANのルータ等について、未利用時は可能な限り電源を切断してください。

 

インターネットバンキングご利用時の対策

 ・ 契約番号、パスワード、確認番号(乱数表)情報などはパソコンやスマートフォン内に絶対に保存しないでください。不正アクセスやウイルス感染により、これらの情報が盗まれる恐れがあります。
 ・ スマートフォンをお持ちのお客さまは、ワンタイムパスワード(ソフトトークン)をご利用ください。詳しくはこちら
 ・ 取引上限金額を必要最低限に設定してください。
 ・ 不審なログオンがないか、ログオン時には確認してください。
 ・ パスワードは類推されにくいものを利用し、パスワード等入力時には「ソフトウェアキーボード」をご利用ください。
 ・ 取引受付メールは、携帯電話またはスマートフォンで受信することで、不正な取引を早期に検知することができ、被害を防止する可能性が高まります。

 

万が一の場合は

  身に覚えのない取引などを発見された場合や、ご利用のパソコンがウイルスに感染した場合は、インターネットバンキングの取引は中止いただき、すぐに下記ヘルプデスクまでご連絡いただき、利用停止措置をお申出ください。

 

 

お問い合わせ

お電話で相談する

ヘルプデスク(インターネット・モバイルバンキング)

0120-723150 0120-723150

受付時間: 平日  9:00~21:00
      土日祝 9:00~17:00

窓口で相談する

ページトップ