このページの本文へ移動

金利の仕組み

ごうぎんの住宅ローンの適用金利のタイプとして、「変動金利型」「金利選択型」の2種類について説明します。

変動金利型

基準金利

  • 当行の短期プライムレート等の変動を勘案した当行独自の「住宅ローン金利」を基準金利とします。

金利の見直し

  • お借入期間中の金利の見直しは年2回行います。
  • 毎年4月1日と10月1日現在の当行の基準金利に基づいて住宅ローン金利を見直し、4月1日基準の住宅ローン金利は7月ご返済分、10月1日基準の住宅ローン金利は翌年の1月のご返済分から適用になります。
  • ※年2回、金利が変更されても、毎回のご返済額は5年間変わりません。(5年間の返済額一定期間中は、元金とお利息の内訳(割合)を調整するだけですので、お支払い額は変更されません。
  • ※5年ごとの返済額の変更は、ご返済額が増加した場合でも変更前のご返済額の25%増以内とします。なお、ご返済額が減少した場合は、下限を定めず減額いたします。
  • ※「5年間」とは、「ご融資日以降、10月1日を5回経過した年の12月の約定返済日まで」という意味で使っています。

ご融資期間を30年としたイメージ図

 

金利選択型

基準金利

  • 当行所定の基準により毎月見直します。

金利の設定

  • お借入時に、固定金利(3年、5年、10年間)または変動金利のいずれかをご選択いただきます。
  • 固定金利期間中は、選択期間の変更はできません。
  • 変動金利を選択中は、いつでも固定金利に変更できます。(固定金利を選択する場合は、設定手数料が必要となります。手数料についてはこちらをご覧ください。)
  • 毎月月初に当月ご融資分の金利を店頭でお知らせします。(金利は原則として月内は同一ですが、月内に変更する場合もございます)
  • 固定金利期間終了後のお取扱いは、次のいずれかからご選択いただきます。
 
  1. 変動金利型への変更

    固定金利期間終了時点での変動金利型の新規お借入利率が適用されます。変動金利型に変更しても、その後いつでも3年、5年、10年の固定金利期間を設定することができます。

  2. 固定金利期間3年の再設定

    固定金利期間終了時点での固定金利3年の金利が適用されます。

  3. 固定金利期間5年の再設定

    固定金利期間終了時点での固定金利5年の金利が適用されます。

  4. 固定金利期間10年の再設定

    固定金利期間終了時点での固定金利10年の金利が適用されます

  5. 固定金利をご選択いただく場合は、当行所定の手続きを別途行っていただきます。所定の手続きが行われなかった場合は、変動金利型に自動的に変更させていただきます。

ご返済額の決定

  • 固定金利期間中、また変動金利型に変更されたのち、いずれも毎月元利均等返済となります。ボーナス時の増額返済との併用もできます。(ただし、ボーナス時返済分は融資金額の40%以内といたします)
  • 固定金利期間再設定の際、または、変動金利型への変更の際、毎月のご返済額を見直しさせていただきます。
  • 固定金利期間中の毎月のご返済額は変わりません、変動金利期間中は、当行所定のルールにより、金利・毎月のご返済額を見直します。

お借入期間中の金利選択のイメージ図

お借入期間中の金利選択のイメージ図

固定金利期間終了時、引き続き固定金利のままか、変動金利に変えるか選びます。変動金利に変更した場合、いつでも固定金利期間を設定することができます。なお、固定金利期間終了時、お申し出がない場合は変動金利に変更させていただきます。

お客さまに合わせた最適な金利プランをご提案します

お客さまに合わせた最適な金利プランをご提案します

金利引き下げのご案内や、具体的な返済シミュレーションも可能です。

お問い合せはこちら

お問い合わせ

お近くの店舗で相談する 全ての店舗でご相談いただけます

  • 最寄りの店舗を探す

メールで相談する

  • お問い合わせフォーム

土日もOK! ローン専門窓口で相談する

住宅ローンについて

個人ローンセンター(来店またはお電話)

  • 松江 (TEL:0852-55-1119)
  • 鳥取 (TEL:0857-39-5070)
  • 出雲 (TEL:0853-22-6330)
  • 米子 (TEL:0859-31-2321)

営業時間/平日:9:00~16:30 土曜・日曜:10:00~16:00
休業日/祝日・年末年始・ゴールデンウィーク

ページトップ