よくあるご質問

ご質問やお問い合わせに回答します。

お手続きについて

住所が変わりました。どうすればよいですか?

住所変更の手続きをお願いします。

お手続き方法には、4通りございますので、お客さまのご都合の良い方法でお手続きください。

  1. 当行ホームページからのお手続き

    個人のお客さまで、キャッシュカード(Duoカードを含みます)をお持ちの方

    (1) お取引店が複数の場合、すべてのお取引店の住所が変更になります。

    (お取引店のうち一部の店舗の変更はできません)

    (2) 当座預金、事業性のご融資、証券口座(投資信託・公共債)、マル優、マル特、マル財等のご利用がある場合は、「4.窓口でのお手続き」をお願いいたします。

    ホームページからのお手続きはこちら

  2. インターネットバンキングによるお手続き

    個人のお客さまで、インターネットバンキングのご契約がある方

    (1) お取引店が複数の場合、すべてのお取引店の住所が変更になります。
    (お取引店のうち一部の店舗の変更はできません)

    (2) 当座預金、事業性のご融資、証券口座(投資信託・公共債)、マル優、マル特、マル財等のご利用がある場合は、「4.窓口でのお手続き」をお願いいたします。

    個人向けインターネットバンキングログオンページはこちら

  3. メールオーダー(郵送)によるお手続き

    個人のお客さま

    (1) メールオーダー(郵送)の「住所変更届」でお手続きください。

    ※メールオーダー(郵送)専用用紙は、店頭、当行ATMに備え付けております。

    または、当行ホームページから請求していただくことができます。

    (2) 当座預金、事業性のご融資、証券口座(投資信託・公共債)、マル優、マル特、マル財等のご利用がある場合は、「4.窓口でのお手続き」をお願いいたします。

  4. 窓口でのお手続き

    (1) 窓口にお越しいただく場合、以下のものをお持ちください。

    ・お届印

    ・通帳や証書

    お取引内容によって、別途確認書類の提出をお願いする場合があります。

    (2) お取引店以外の最寄りの店舗でも受付いたしますが、手続きに日数を要する場合があります。

名前が変わりました。どうすればよいですか?

窓口で名義変更手続きをお願いします。

【お手続きに必要なもの】

(1) 通帳、証書
(2) お届印

複数口座をお持ちの場合は、いずれか1つでよろしいです。

お届印を変更される場合は、当行にお届けいただいているすべての旧印鑑と、新たにお届けいただく新印鑑をお持ちください。

(3) キャッシュカード(Duoカードを含みます)など

※当行が発行しているすべてのカードをお持ちください。

(4) 本人確認書類

※新名義が記載された公的証明書をお持ちください。

(顔写真のない公的証明書でも手続きできます)

【注意事項】

証券取引(投資信託、公共債等)、マル優、マル特、教育資金贈与口座等のお取引があるお客さまは、上記のほか、「マイナンバーの記載されている書類」が必要です。詳しくは、お取引店へお問い合わせください。

住所変更、名義変更など各種変更手続きは、本人以外(家族など)でも手続きできますか?

ご本人さまのお手続きをお願いします。

ご本人さまがお手続きできない理由がある場合は、お取引店へご相談ください。

口座の届出印を変えたいのですが、どうしたらよいですか?
(変更前の印鑑がある場合)

窓口でお届印の変更手続きをお願いします。

【お手続きに必要なもの】

(1) 通帳や証書など変更される口座番号がわかるもの

(2) 現在のお届印

(3) 新しいお届印

通帳やカード、印鑑を紛失しました。どうすればよいですか?
  1. すぐにお取引店へご連絡ください。紛失された通帳、カード、印鑑によるお取引を停止します。

    店舗一覧はこちら

    ※銀行休業日、夜間の場合は本店代表電話【0852-55-1000】までご連絡ください。

  2. 再発行のお手続きが必要ですので、お近くの窓口へご来店ください。

    【お手続きに必要なもの】

    (1) 本人確認書類(顔写真付きの公的証明書)

    ※「顔写真付きの公的証明書」が無い場合は、「顔写真のない公的証明書」をお持ちください。

    (2) お届印

    ※お届印を紛失されている場合は、新しいお届印をお持ちください。

    (3) 通帳や証書、キャッシュカード

    ※紛失されている場合は不要です。

    (4) 再発行手数料 1通(1枚)あたり 1,080円

    ※通帳や証書、カードを再発行される場合に必要です。

    ただし、カードローン専用の「通帳」(パートナーカード通帳、ナイスカード通帳)の再発行手数料は不要です。

    手数料についてはこちら

通帳やカード、印鑑を紛失しました。郵送で再発行できますか?

本人限定受取郵便の受取りができる個人のお客さまに限り、郵送によるお手続きができます。

当行からお送りする「喪失届」をご本人さまがお受け取りください。

(「喪失届」をお受け取りの際に本人確認書類が必要です。顔写真のない公的証明書でもお受け取りできます。)

まず、紛失された通帳や証書、カード、印鑑によるお取引の停止手続きが必要ですので、お取引店へお電話でご連絡ください。

※停止手続き後、郵送による再発行や解約手続きについてご案内いたします。

【郵送手続きの流れ】

(1) 電話による受付を行います。

(2) 当行から、お届けのご住所へ「喪失届」を送付します。

※「本人限定受取郵便」で送らせていただきます。

※受付から3?4日いただきます。

(3) 郵便局から「本人限定受取郵便到着のお知らせ」が送付されます。

※郵便局に「本人限定受取郵便」(喪失届)が届いたというお知らせです。

お知らせを受け取られましたら、「本人限定受取郵便」(喪失届)の受取方法を「郵便局」へご指示ください。

(4) 喪失届をお受け取りください。

※お受け取りの際に本人確認書類が必要です。

(5) 喪失届に必要事項を記入、お届印を押印いただき、返信用封筒で当行宛に送付ください。

(6) 当行で再発行手続きを行います。

(7) 再発行後の通帳やカードを簡易書留でお届けの住所へ郵送いたします。

(8) 再発行手数料は、ご指定の口座からお引落しさせていただきます。

通帳やカード、印鑑を紛失しました。代理人(家族)が来店して手続きできますか?

ご本人さまのお手続きをお願いします。

ご本人さまがお手続きできない理由がある場合は、お取引店へご相談ください。

紛失の届出後に紛失した通帳やキャッシュカードが見つかりました。このまま使うことはできますか?

紛失された通帳や証書、キャッシュカード、印鑑によるお取引を停止していますので、そのままお使いいただくことはできません。お近くの窓口で発見手続きをおとりください。

発見の手続き後、通帳や証書、カードはそのままお使いいただけます。

ただし、ごうぎんDuoカードは、そのままお使いいただけません。再発行のお手続きが必要となりますので、ご了承ください。

キャッシュカードの暗証番号を忘れてしまいました。調べてもらえますか?

暗証番号はお調べすることができません。

暗証番号がご不明な場合は、窓口で再作成のお手続きをお願いします。

【お手続きに必要なもの】

(1) お届印

(2) 本人確認書類

(3) キャッシュカード(Duoカード)

一部店舗では、再作成後のキャッシュカード(Duoカードは除きます)を店頭で即日受け取っていただくことができます。

詳しくはこちら

カードの暗証番号を変更したいのですが、どうすればよいですか?

ATMまたは窓口で変更手続きをお願いします。

  1. ATMで変更される場合

    当行ATM、またはローソンやイーネットATMで変更できます。

    変更時は、現在使用している暗証番号の入力が必要です。

  2. 窓口で変更手続きされる場合

    お近くの窓口でお手続きください。

    現在お使いのカードは、回収させていただきますのでご了承ください。

    【お手続きに必要なもの】

    (1) お届印

    (2) 本人確認書類

    (3) キャッシュカード(Duoカード)

    一部店舗では、暗証番号変更後のキャッシュカード(Duoカードは除きます)を店頭で即日受け取っていただくことができます。

    詳しくはこちら

口座開設手続きは代理人(家族など)でもできますか?

代理人(ご家族)の方によるお手続きができます。

口座名義人の方の本人確認書類と代理人(ご家族)の方の本人確認書類をお持ちください。

口座名義人の方が成人なさっている場合は、名義人ご本人さまへ意思確認させていただきますので、ご了承ください。

口座開設手続きの本人確認書類は健康保険証でもいいですか?

健康保険証など顔写真のない公的証明書でも手続きできますが、この場合は、複数の書類をご提示いただくなどして確認させていただきます。

お取引時の確認書類について詳しくはこちら

県外に住んでいて近くにごうぎんがありません。通帳を解約するにはどうしたらよいですか?

現在お客さまがお取引中の金融機関より、預金取立のお手続きをお願いします。

銀行により手続方法が異なり、手数料が必要な場合もありますので、お取引中の金融機関にご相談ください。

振込をしたいのですが、本人確認書類が必要ですか?
10万円を超える現金でのお振込みの場合は、本人確認書類が必要です。
振込をしたのですが、いつ相手の口座に入金されますか?

原則、お手続き完了後に受取人口座に入金されます。

ただし、お取扱いが集中する場合は、入金までお時間をいただくことがあります。

※窓口で受け付けたお振込みは手続きにお時間をいただきますので、ご了承ください。

振込を取消したいのですが、どうしたらよいですか?

振込の組戻(くみもどし)の手続きをお願いします。振込依頼人さまがお取引店(または振込手続きをされた店舗)にご連絡ください。

お手続きに必要なもの】

(1) お届印(当行でお取引いただいているお客さまの場合)

(2) 顔写真付きの公的証明書(お届印をお持ちでない場合や当行にお取引がないお客さま)

(3) 組戻手数料 864円(税抜800円)

(4) 取り消したい振込の内容がわかるもの(ATMご利用明細など、あればお持ちください)

【ご注意いただきたいこと】

  • 受取人の方の了解が得られれば振込まれた金額はお返しいたしますが、了解が得られない場合はお返しできません。
  • 振込まれた金額をお返しできない場合も当初の振込手数料および組戻手数料はお返しいたしませんのでご了承ください。
振込の内容を間違えたのですが、訂正できますか?

振込先の口座番号や科目、受取人名の名前の一部を間違えられた場合などは振込の訂正手続きができます。

振込依頼人さまがお取引店(または振込手続きをされた店舗)にご連絡ください。

※振込先の金融機関名、支店名、振込金額は訂正できませんので、組戻(くみもどし)手続きをおとりください。

【お手続きに必要なもの】

(1) お届印(当行でお取引いただいているお客さまの場合)

(2) 顔写真付きの公的証明書(お届印をお持ちでない場合や当行にお取引がないお客さま)

(3) 訂正したい振込の内容がわかるもの(ATMご利用明細など、あればお持ちください)

通帳に「未記入合計」と表示されています。なぜですか?

当行では、普通預金・貯蓄預金の通帳に記入されていないお取引が100件を超えた場合、個別のお取引明細を記帳せず、ご入金・ご出金の各合計金額を「未記入合計(ミキニユウゴウケイ)」としてまとめて記帳させていただいております。

 

「未記入合計」としてまとめて記帳された部分について、個別のお取引明細の確認をご希望のお客さまには、お取引明細表を発行(有料)いたしますので窓口にお問い合わせください。