このページの本文へ移動

インターネット投信

ご利用いただけるお客さま

Q 誰でも利用できるのですか?

ご利用環境について

Q OSやブラウザソフトの指定はありますか?
Q 携帯電話で利用できますか?

申込みについて

Q 投資信託取引(インターネット投信)を利用するには?
Q インターネットバンキング利用申込書はどこで入手できますか?
Q 申込みをしてからどれくらいで利用できますか?
Q 「指定預金口座」とはどのような口座ですか?

サービス内容について

Q どのような取引ができるのですか?
Q 利用時間を教えてください?

インターネット投信を利用

Q インターネット投信を利用するにはどうすればいいですか?

購入・換金

Q どのようなファンドが購入できるのですか?
Q 取引限度額はありますか?
Q 投資信託の購入代金はいつ引き落としになるのですか?
Q 残高不足の場合はその取引はどうなりますか?
Q 申込の取消はできますか?
Q 窓口で購入したファンドは換金や照会ができますか?
Q 申込み状況を確認するにはどうすればいいですか?

積立投信

Q

積立投信とは何ですか?

Q

積立投信はいつから引き落しが開始されますか?

Q

積立投信の購入条件は変更できますか?

Q

残高不足で引き落し出来なかった場合はどうなりますか?

Q

購入代金を貸越(総合口座、極度型カードローン等)で引き落すことはできますか?

Q

積立投信を止めたいのですが?

電子交付サービス

Q 電子交付サービスとは何ですか?
Q 電子交付サービスの対象となる書類は何ですか?
Q 電子交付サービスを申し込むにはどうすればいいですか?
Q 対象書類毎に電子交付サービスを申し込むことができますか?
Q 電子交付対象書類は画面でしか確認できないのですか?
Q インターネット投信ではなく、店頭で取引をした場合は、郵送となるのですか?
Q 電子交付された書類は、どれくらいの期間、保存されていますか?

各種照会

Q 現在の購入しているファンドの残高や損益を確認する方法は?
Q 申込した取引の状況を確認する方法は?
Q 過去の取引状況を確認する方法は?

投資信託のご留意事項

  • 投資信託の購入・換金時、保有期間中には手数料等がかかります。手数料等はファンドにより異なります。詳細については投資信託説明書(目論見書)、契約締結前交付書面等にてご確認ください。
  • 投資信託をご購入の際は、投資信託説明書(目論見書)、契約締結前交付書面等により必ず内容をご確認のうえご自身でご判断ください。
  • 投資信託は株式や債券等の値動きのある有価証券等を投資対象としますので、信託財産に組入れた有価証券等の価格の変動、金利の変動、発行者の信用状況の変化等により、投資信託の基準価額が下落し、投資元本を割り込むことがあります。また、外貨建て資産に投資する場合には為替の変動により基準価額が下落し、投資元本を割り込むことがあります。したがいまして、投資信託は投資元本が保証されているものではありません。
  • 投資した資産の減少を含むすべてのリスクはお客さまが負うこととなります。
  • 投資信託は銀行の預金ではありません。したがいまして、預金保険の対象ではありません。
  • 山陰合同銀行でご購入いただく投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託のお取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
  • 投資信託には購入や換金可能日に制限がある場合があります。
  • 山陰合同銀行は投資信託の販売を行い、投資信託の設定・運用は運用会社(委託会社)が行います。
  • ご契約の際は、投資信託説明書(目論見書)、契約締結前交付書面等をよくお読みください。 
     

お問い合わせ

お電話で相談する

ヘルプデスク

0120-723150 0120-723150

受付時間: 平日  9:00~21:00
      土日祝 9:00~17:00

  • メールで相談する

    受付時間:24時間
    回答:平日  9:00~21:00
       土日祝 9:00~17:00

 
ページトップ