このページの本文へ移動

Q&A こんな時はどうするの?

 ご利用いただけるお客様

Q   ご利用いただけるお客様は?
A  当行と預金取引(普通預金又は当座預金)がある方で、法人(個人事業主を含む)及び個人の方。
Q
A
 個人のお客様でもご利用できます。ただし、個人のお客様には「ごうぎんインターネットバンキング」をご用意しておりますので、詳細につきましては こちら をご覧いただくか、窓口にお問合せください。

ご利用環境について

Q   専用ソフトウェア、専用端末機は必要ですか?
A
 必要ありません。
なお、インターネットに接続するためのパソコン・通信環境等はお客様にてご用意をお願いします。
Q
A
  Macintoshではご利用いただけません。
一部ご利用できないOS・ブラウザ等があります。
「ご利用環境」 ページにて事前にご確認ください。
Q
A
  「ご利用環境」 ページで事前に確認することができます。
Q
A
 ご利用いただけます。ただし、LANのセキュリティシステム等によってはご利用いただけない場合がありますので、事前にお客様のシステムご担当者にご確認ください。
Q
A
 パソコンからインターネットに接続できる環境であれば、外出先、出張先などからでもご利用いただけます。ただし、セキュリティを高めるうえでもご利用のパソコンは職場が占有管理するものをお使いください。
Q
A
 ご利用は、原則日本国内からに限らせていただきます。
 

申込み・手続きについて

Q 申込書・パンフレットはどこでもらえますか?
A
当行本支店の窓口にございます。お気軽にお問合せください。
Q
A
お客様のお取引店で承ります。窓口にて「ごうぎんビジネスインターネットバンキング申込書」をご提出ください。サービス内容につきましては、パンフレットやごうぎんビジネスインターネットバンキングのホームページなどでご確認願います。インターネット通信にかかるセキュリティについては現時点で必要とされる水準をご用意していると考えますが、お客様の判断と責任においてお申込みください。
Q
A

 申込書を受理してからサービス利用開始まで2~3週間かかります。
なお、お手続き完了後、サービスご利用に必要な「管理者専用カード」「ご利用ガイド」などを当行よりお渡しします。
また、A方式、B方式をご契約のお客さまには、「ハードトークン」と操作ガイドを別便でお送りします。


 

Q
A
代表口座は月間基本手数料の引落口座になります。もちろん、オンラインサービスや収納サービス、一括データ伝送サービスの取引にもご利用できます。代表口座店が本サービスの契約店となり、今後お客様のお問合せ窓口となりますので、最もご利用される口座をお届けされることをお勧めします。
Q
A
支払指定口座兼照会サービス指定口座です。また、「お振替」の際の入金指定口座となります。
ご本人さま名義で最大300口座(代表口座含む)まで登録できます。
(ただし、ご登録の内容によっては300口座まで登録できない場合がございます)
Q
A
代表口座を含めて300口座までサービス指定口座としてお申込みいただけます。
(ただし、ご登録の内容によっては300口座まで登録できない場合がございます)
Q
A
「ごうぎんビジネスインターネットバンキング利用申込書」で同時にお申込みいただけます。
Q
A
1契約で複数の支店の口座をまとめてお申込みいただけます。
Q
A
代表口座としてお届けできる口座は、普通預金口座もしくは当座預金口座のみです。
取引口座としてお届けできる口座は次のとおりです。 なお当行代理店にお持ちの口座は、一括データ伝送サービスの資金決済口座にはご利用いただけません。
 
 
預金科目
オンラインサービス・収納サービス兼
一括データ伝送サービス取引口座
普通預金口座・当座預金口座
オンラインサービス・収納サービス取引口座 普通預金口座・当座預金口座・
貯蓄預金口座

Q
A
書面(利用申込書)によりお申し込みください。
サービス指定口座を削除する場合も同様です。
 

ご利用方法について

Q 操作マニュアルはありますか?

A

 ログオン後、画面右上のヘルプボタンをクリックすると、マニュアルが表示されますので、こちらをご参照ください。
マニュアルをご参照してもご不明な点がございましたら、ヘルプデスクまでお問い合わせください。
ヘルプデスク(ごうぎんシステムサービス)
フリーダイヤル:0120-315197
受付時間:8:45~17:00(銀行休業日除く)
Q
A
 「ごうぎんビジネスインターネットバンキング」ではサービスご契約後に、本サービスの「管理者」および「利用者」をお決めいただきます。「管理者」とは本サービスの全取引権限を有する方であり、「利用者」とは管理者が指定した、実際に照会や振込・振替等の取引を行う方です。「管理者」は利用者毎のサービス利用範囲や利用権限等を設定することができます。 個人事業主等のお客様のように、本サービスを利用する方がお1人という場合は、その方が「管理者」であり「利用者」とすることもできます。
Q
A
管理者の方は、当行ホームページの「契約法人ログオンボタン」からログオン (契約法人ログオン) し、「契約法人開通確認」を行なってください。 詳しくは「ご利用ガイド」をご覧ください。
Q
A
管理者の方は、契約法人開通確認後に「契約法人管理情報変更」メニューから契約口座情報・契約法人限度額・利用者情報等の事前登録を行なってください。詳しくは「ご利用ガイド」をご覧ください。
Q
A
 利用者の方は、管理者の方による契約法人開通確認・事前登録終了後に、「利用者ログオンボタン」からログオン (利用者ログオン) し、「利用者開通確認」を行ってください。この開通確認終了後、各種サービスのご利用が可能となります。詳しくは「ご利用ガイド」をご覧ください。
Q
A
最大98名の利用者IDを設定することができます。また、利用者毎に利用可能サービスの範囲や取引限度額等の設定も行なえます。
「契約法人管理情報変更」メニューから利用者情報の設定を行なってください。詳しくは「ご利用ガイド」をご覧ください。

ご利用時間について

Q 利用時間について教えてください。
A
 利用時間については こちら をご覧ください。

ご利用手数料について

Q 費用は?
A  インターネットに接続できるパソコンがあれば、専用のソフトウェアや端末機は不要ですので、初期費用はかかりません。
毎月のご利用手数料として、次の月間基本手数料をいただきます。
  • オンラインサービス・一括データ伝送サービス(A方式) 3,240円(消費税込)
  • オンラインサービス・口座振替サービス(B方式) 1,080円(消費税込)
  • 一括データ伝送サービス(C方式) 540円(消費税込)
インターネットを利用するための通信料・プロバイダー等の接続料は、別途お客様のご負担となります。
別途、当行所定の振込手数料等をいただきます。

Q   月間基本手数料は、口座毎にかかるのですか?
A
口座毎ではなく、契約者単位でいただきます。
Q   月間基本手数料はいつ、どの口座から引落としされますか?
A
 毎月10日 (銀行休業日の場合は翌営業日) に代表口座から前月分を引落としさせていただきます。なお、初回ログオンをされた当月分は無料とさせていただきますので、第1回引落日は、初回ログオンの翌々月10日 (銀行休業日の場合は翌営業日) となります。

ご利用限度額について

Q 振込・振替の利用限度額はありますか?
A  1回および1日あたりの 限度額は、お客様に任意に設定していただけます。振込・振替をご利用になる場合は必ず事前に管理者の方が設定してください。
Q 総合振込・給与 (賞与) 振込・預金口座振替の利用限度額はありますか?
A
1回あたりの限度額が、お客様に任意に設定していただけます。一括データ伝送サービスをご利用になる場合は必ず事前に管理者の方が設定してください。
  • 総合振込 200億円/1回
  • 給与振込 20億円/1回
  • 賞与振込 20億円/1回
  • 預金口座振替 20億円/1回

ID・暗証番号について

Q ID・暗証番号の仕組みを教えてください。
A
本サービスには、次のID・暗証番号があります。
  • 契約法人ID
    管理者および利用者の方が、ログオン時に毎回使用します。このIDはサービスをお申込み後、当行からお知らせします。
     
  • 利用者ID
    利用者の方が、ログオン時に毎回使用します。このIDは管理者の方が利用者情報登録時に決定します。
     
  • 契約法人暗証番号
    管理者の方が、ログオン時に本人確認のため毎回使用します。サービスをお申込み後、当行から仮の番号をお知らせしますので、管理者の方が初回ログオン時の契約法人開通確認で任意の番号に変更してお使いいただきます。
     
  • 契約法人確認暗証番号
    管理者の方が、契約法人情報や利用者情報を設定する等意思を確認する際に使用します。サービスをお申込み後、当行から仮の番号お知らせしますので、管理者の方が初回ログオン時の契約法人開通確認で任意の番号に変更してお使いいただきます。
     
  • 利用者暗証番号
    利用者の方が、ログオン時に本人確認のために毎回使用します。管理者の方が利用者情報登録時に仮の番号を決定し、利用者の方が初回ログオン時の利用者開通確認で任意の番号に変更してお使いいただきます。
     
  • 利用者確認暗証番号
    利用者の方が、振込・振替や総合振込の承認・送信など資金移動を行なう等お取引を確認する際に使用します。管理者の方が利用者情報登録時に仮の番号を決定し、利用者の方が初回ログオン時の利用者開通確認で任意の番号に変更してお使いいただきます。
     
  • ワンタイムパスワード(ハードトークン)
    利用者の方が、「振込・振替」や「税金・各種料金の払込み」のお取引を確認する際に使用します。 
     
「スパイウェア」に対するセキュリティ強化のため、入力時には仮想のキーボードで入力ができる「ソフトウェアキーボード」をご利用ください。
Q
A
制限があります。詳しくは「ご利用ガイド」をご覧ください。
Q 暗証番号は何回間違えても利用できますか?
A  当行所定回数を超えて暗証番号を間違えられた場合は、セキュリティ確保のため、サービスのご利用を停止させていただきますのでご注意願います。ご利用を再開するには、次のとおりお手続きが必要です。
  • 契約法人 (確認) 暗証番号を間違えた時
    お取引店にて所定のお手続きが必要になります。この場合、お手続き完了までの期間は全てのサービスをご利用になれませんので、ご了承ください。
     
  • 利用者 (確認) 暗証番号を間違えた時
    管理者の方がサービス画面から該当利用者の利用中止解除、または暗証番号を再設定できます。

Q 暗証番号は変更できますか?
A  契約法人 (確認) 暗証番号、利用者 (確認) 暗証番号は、サービス画面から随時変更することができます。変更の操作を行なわれますと、各暗証番号は即時に変更となります。なお、セキュリティを高め、安心してご利用いただけるよう、定期的に暗証番号を変更していただくことをお勧めします。
Q 契約法人(管理者)でログオンしようとしたが、管理者専用カードがありません。どうすればよいですか?
A 管理者専用カードを紛失された場合は、書面で再発行の手続きが必要となります。
  • たいへんお手数ですが、「利用停止届(兼管理者専用カード再発行、ハードトークン追加申込書)」をご提出ください。
  • もし一括データ伝送サービス(総合振込、給与・賞与振込、口座振替)をご利用で、マスタに登録がある場合、再発行するとマスタがすべて消去されるため、「利用停止届(兼管理者専用カード再発行、ハードトークン追加申込書)」をご提出いただく前に、バックアップを取得願います。(バックアップの取得方法は、画面下部のフリーダイヤルへご照会ください。)
  • また、登録済の都度指定振込先情報は削除されますので、再発行完了後、お客様ご自身で再登録してください。
  • 再発行にあたっては再発行手数料1,080円が必要となります。
  • お手続き完了までの期間は、ビジネスインターネットバンキングサービスをご利用になれませんので、ご了承ください。

Q 暗証番号を忘れた場合はどうすればよいですか?
A
セキュリティを保つため、銀行ではお調べできない仕組みとなっております。

  次のとおりお手続きが必要です。

Q 契約法人(管理者)でログオンしようとしたが、契約法人暗証番号を連続して間違ってしまったため、利用停止(ロック)がかかってしまいました。どうすればよいですか?
A

利用停止の解除は書面でのお手続きが必要となります。


Q
A
一度削除した利用者IDは2度と使えません。
新しいIDを登録してご利用下さい。

セキュリティについて

Q どのようなセキュリティ対策をとっていますか?
A インターネットでの情報漏洩・盗難・改ざんなどを防ぐため、お客様の情報の送受信 に最新の「128/256bitSSL (SecureSocketLayer) の暗号化方式を採用し、お客様の重要な情報を保護しています。
Q
A  契約法人ID・契約法人 (確認) 暗証番号・利用者ID・利用者 (確認) 暗証番号・ワンタイムパスワード(ハードトークン)により、ご契約者の確認をさせていただいております。
さらに、電子証明書方式をご利用いただきますと、ビジネスインターネットバンキングにログオンできるパソコンが限定されるため、第三者のなりすましによる不正利用のリスクが軽減され、 お客さまのセキュリティ面の強化が図れます。
電子証明書方式の詳細についてはこちら
さらにセキュリティを高め、安心してご利用いただけるよう、定期的に暗証番号を変更していただくようお勧めします。
Q
A
パソコンの画面上に表示される仮想キーボードを使ってパスワードなどを入力する機能です。
入力時にキーボードによる入力操作を行う必要がないことから、操作履歴を盗み取る「スパイウェア」に有効です。

ログオンについて

Q ログオン画面が表示されないのですが?
A
ブラウザの設定で「TLS 1.0」または、「TLS1.2」を使用する設定がされていない場合、ログオン画面が表示されないケースがあります。
詳しくはヘルプデスクまでお問い合わせください。

残高照会について

Q 支払可能残高とは何ですか?
A
残高のうち、貸越極度額や小切手・手形等の未決済金額を反映したお支払可能な金額です。貸越極度額がある場合は、普通預金の残高にお借入可能金額が加算されたお支払可能残高が表示されます。
また、小切手・手形等の未決済金額がある場合、小切手・手形等のお振出人の支払が確定されるまでは、お支払可能残高は残高から当該小切手・手形等の金額が差し引かれたものとなります。

取引明細照会について

Q 取引可能な期間は何日ですか?
A
 お申込み日以降最大2か月間のお取引明細が照会可能です。

振替・振込について

Q 振替とは?
A  サービス指定口座(支払指定口座兼照会サービス指定口座)としてご指定いただいた本人名義の口座間の資金移動取引です。
手数料は不要です。
サービス指定口座として、ご本人さま名義で最大300口座まで登録できます。
(ただし、ご登録の内容によっては300口座まで登録できない場合がございます)
Q
A オンラインサービスでは、振込の都度画面上からご指定いただくことが可能です。
頻繁に振込をする先はお振込の後、画面上から登録することも可能です。
Q
A オンラインサービスでは最大5営業日後までの日付で予約が可能です。
Q
A
処理結果につきましては、「資金移動予約照会」の「結果照会」でご確認ください。
「取引履歴照会」では受付状況のみご確認いただけます。
なお、受付時にはEメールでもお知らせいたします。

資金移動予約照会
  1. 操作方法
    照会範囲を指定し、「結果照会」ボタンを押下すると、受付明細の一覧が表示されます。
    該当の明細を選択して、「照会」ボタンを押下してください。
  2. 表示
    口座より振込資金を引き落とし振込発信したものは、状態欄に「正常終了」と表示します。
    口座より振込資金が引き落としできなかった場合は、状態欄に「エラー」と表示し、詳細欄にエラー理由を表示します。
    ※振込資金の引落が完了した場合は、振込発信後、口座相違などの理由により振込ができなかった場合もすべて正常終了と表示しますのでご注意ください。
    口座相違などの理由により振込出来なかった場合は、お取引店より別途電話にてお知らせいたします。

Q 複数の振込予約を行ったが、入金される順番・時間は?
A 振込資金の引落や振込先の口座に入金される順番・時間についてはお約束できませんのでご注意ください。
Q
A
  1. オンラインサービスでの資金移動(振替/振込)予約は、振込指定日の前日サービス時間内までであれば、資金移動 予約照会/取消から予約の取消が可能です。
  2. 一括データ伝送サービスでは、送信データが未送信(送信待まで)の状態であれば、訂正・取消が可能です。
  3. オンラインサービスでの振込指定日当日、または一括データ伝送サービスでのデータ伝送後(送信済)、お振込の依頼内容が確定した後は、依頼内容を変更又は取りやめる事は出来ません。
    当行がやむを得ないものと認めて訂正・組戻しを受付ける場合には、サービス指定口座のある当行本支店にて所定の手続きを行なってください。
    (この場合振込手数料は返却しません。また、当行所定の手数料が必要となります。)

Q   振込資金の引落しはいつ行なわれますか?
A
オンラインサービスの資金移動(振替/振込)による振込資金の決済は
  1. 当日扱いの場合
    ご指定の口座から、資金移動のご依頼をお受付けした時点で引落し致します。
  2. 予約扱い(最大5営業日後まで)及び、 15:00以降又は銀行休業日(翌営業日扱)の場合
    ご指定の口座から、振込指定日の当日早朝(前日残高より)引落し致します。
 ※ 引落し時点で残高不足となりますと、再度お振込の手続きが必要となります。
   

お取引結果確認について

Q どのような機能ですか?
A  お取引されたお振込・お振替の結果・処理状況がご確認いただけます。
Q 何件まで照会できますか?
A
過去2ヵ月分のお取引結果が照会可能です。

税金・各種料金の払い込みについて

Q   税金・各種料金の払込みとは何ですか?
A
 銀行窓口にご来店されることなく、インターネットバンキングから税金・各種料金の電子払込(電子納付)を行うサービスです。
このサービスには、次の二つの方式があります。
  1. オンライン方式
    収納機関(国、地方公共団体、企業)より送付された納付書に従い、インターネットバンキングを利用して払込内容を確認のうえ支払いを行う方式です。
  2. 情報リンク方式
    収納機関のホームページで商品購入または税金等の電子申告した後に当該ホームページからインターネットバンキングへ支払情報を引き継ぎ、商品の購入代金や税金等の支払いを行う方式です。
    なお、この方式の場合、インターネットバンキングでの収納機関番号、納付番号(またはお客様番号)、確認番号、納付区分の入力は必要ありません。

Q   税金・各種料金の払込みを利用するときは、手続きがいりますか?
A
インターネットバンキングのご契約者であれば、ご利用できます。
なお、官庁へ電子申告等開始届出書のご提出等、別途手続きが必要な場合がありますので関係の収納機関へご照会願います。

 
Q インターネットバンキングから支払いできる税金・各種料金を教えてください。納付書にPay-easy[ペイジー]マークがあるものはすべて支払えますか?
A  ペイジーマークがあっても当行と収納契約がないものは、支払いできません。
  支払いできる税金・各種料金は、 こちら をご覧ください。

Q
A  収納機関により、利用者手数料をいただく場合があります。
Q 税金・各種料金の領収書を発行してもらえますか?
A
 インターネットバンキングでの税金・各種料金のお支払いは、領収書を発行しませんのでご了承願います。
ご利用口座のお通帳に払込内容が記載されますのでこれによりご確認願います。

Q 税金・各種料金の払込みの限度額は、いくらですか?
A
払込の限度額は、ありません。振込限度額は適用しませんのでご了承願います。
Q 税金・各種料金の払込みのセキュリティ対策は、なされていますか?
A  インターネット上の様々のセキュリティ対策に努めています。また、収納機関(国、地方公共団体、企業)と金融機関との間の接続は、日本マルチペイメントネットワーク運営機構が運営する専用のネットワークにより行いますので安心してお使いいただけます。
Q
A  大変恐れいりますが、口座のお取引店へご照会いただきますようお願い申しあげます。
なお、収納状況に関するご照会は、お手元の納付書の発行元である各収納機関へお問合せください。
Q
A
 ご利用は次の時間に限りますのでご注意願います。なお、収納機関から通知された納付番号(お客様番号)、確認番号、納付区分の入力時限は、ご利用可能時間の終了10分前までとなります。
  1. 平日(銀行営業日)
    8:45~23:00
  2. 土曜、日曜、祝日
    8:45~20:00
    (ただし、12月31日17:00~1月4日8:00は、システム保守のためご利用になれません。前記以外にシステム保守のためサービスを休止する場合は、ホームページにおいて告知いたします。)

Q   税金・各種料金の払込みの取消はできますか?
A  できません。税金・各種料金の払込みのご実行と同時に収納機関(国、地方公共団体、企業)に対して収納済の連絡(請求情報の消込依頼)を行っています。どうしても取消を希望されるときは、お手数ですが、収納機関へご相談ください。
Q
A
 収納機関(国、地方公共団体、企業)から通知される番号です。税金・各種料金の払込みの際にお客さまのご本人確認のため必ず必要となります。
なお、「確認番号」は、ビジネスインターネットバンキング申込時にお届けする管理者専用カードに記載の「確認番号」とは違いますのでご注意ください。
(2016年03月22日現在)

 

お問い合わせ

お電話で相談する

山陰オフィスサービス EBセンター

0120-315197 0120-315197

受付時間: 平日 8:45~17:00(銀行休業日は除く)

窓口で相談する

  • メールで相談する

ページトップ