このページの本文へ移動

募集条件のお知らせ

第242回募集

 
1.募集条件(一般)

募集期間 平成29年11月17日(金)~平成29年11月24日(金)
預入日 平成29年11月27日(月)
お取扱い通貨 米ドルおよびオーストラリアドル
お預け入れ金額 10,000通貨単位以上(1セント単位)
預入相場
(円貨からの預入の場合)
預入日における預入通貨の当行仲値
※外貨普通預金からもお預け入れいただけます。
(円貨での払戻しの場合、損失が確定する可能性があります。)
払出相場
(円貨で払戻しの場合)
預入日における預入通貨の当行仲値
預入期間:3ヵ月
満期日 平成30年02月22日(木)
為替特約の判定日時 平成30年02月20日(火) 東京時間午後3時
適用金利および
特約判定相場
商品種類(募集コード) 米ドル
適用金利(年利率・税引前※) 特約判定相場
タイプ1(24213) 年4.00% 預入日当行仲値-0円
タイプ2(24223) 年1.70% 預入日当行仲値-5円
タイプ3(24233) 年0.40% 預入日当行仲値-7円
預入期間:6ヵ月
満期日 平成30年05月24日(木)
為替特約の判定日時 平成30年05月22日(火) 東京時間午後3時
適用金利および
特約判定相場
商品種類(募集コード) 米ドル
適用金利(年利率・税引前※) 特約判定相場
タイプ4(24246) 年1.70% 預入日当行仲値-7円
タイプ5(24256) 年1.00% 預入日当行仲値-9円

タイプ6(24266)

年0.20% 預入日当行仲値-13円

 

商品種類(募集コード) オーストラリアドル
適用金利(年利率・税引前※) 特約判定相場
タイプ7(24276) 年0.60% 預入日当行仲値-9円


2.募集条件(大口)

募集期間 一般と同じです
預入日
お取扱い通貨 米ドル
お預け入れ金額 1百万米ドル以上(1セント単位)
預入相場
(円貨からの預入の場合)
一般と同じです
払出相場
(円貨で払戻しの場合)
預入期間:3ヵ月
満期日 平成30年02月22日(木)
為替特約の判定日時 平成30年02月20日(火) 東京時間午後3時
適用金利および
特約判定相場

商品種類(募集コード) 米ドル
適用金利(年利率・税引前※) 特約判定相場
タイプ8(24283) 年0.50% 預入日当行仲値-7円

※税引後の金利は、分離課税の場合、表示金利に80%を乗じた金利が目安となります。
(平成49年12月31日までに利息をお受け取りになる場合は、表示金利に79.685%を乗じた金利が目安となります。) 

募集期間中であっても、為替相場等市場環境の急変等、状況によっては募集を中止し、本件預金の販売を取り止めることがあります。

 

満期日前の解約について

本商品は満期日前の解約(中途解約)は原則お取扱いたしません。
当行が止むを得ないものと認めてこの預金を満期日前に解約する場合には、元金および中途解約利息(預入日から解約日の前日までの日数について、解約日における当行所定の当該通貨普通預金利率を乗じて計算します)をお支払いいたします。その一方、解約に伴い生じた損害金およびその他実際に発生した費用一切をご負担いただきます。この場合、損害金が中途解約利息を上回り元本割れとなる可能性が極めて高くなります。

中途解約による損害金は、この預金の解約がなかったならば存続したであろう残存期間につき、当行がこの預金と同条件の代替の契約を第三者と締結するか、または締結したと仮定した場合に要する一切の費用等を含み、以下の算式により当行が算定したものとします。
損害金=元利金(注1)×1通貨あたりの再構築コスト(注2)

(注1) 元利金:約定利率で計算した満期支払の税引後外貨元利金
(注2) 再構築コスト:解約日に外国為替および通貨オプション市場において、本定期預金に内包される外国為替および通貨オプション取引の代替取引に係る実際の(あるいは想定される)コストをいいます。再構築コストがマイナスの場合は0とします。

 

再構築コストは、主に為替相場等の指標の変動によって決まります。
主な指標と損害金の関係は次のとおりです。

1.中途解約時の為替相場
 為替相場が円安に向かうほど、再構築コストは大きくなる傾向があります。

2.中途解約時の為替相場の変動率
 為替相場の変動率が大きくなるほど、再構築コストは大きくなる傾向があります。

なお、外貨建ての元金および中途解約利息について円換算した場合の損益は、為替相場が円安に向かうほど改善します。
従いまして、前述の再構築コストとは反対の損益とはなりますが、円換算後の元金および中途解約利息と再構築コストの総合損益では元本割れする可能性が極めて高いといえます。

 

損害金の試算額 ※平成29年11月16日現在
  現在の金利水準では、為替相場が預入相場より10円円安となった場合、他の条件が同一であれば、以下の通りとなります。
 

 

1.募集条件(一般) 預入額:10,000通貨単位の場合

 【預入期間3ヵ月について、預入より2ヵ月経過時点】

  預入日
当行仲値
損害金 元金および中途解約利息の
円換算損益
元本割れ額
米ドル 0円 95,000円 90,000円 -5,000円
-5円 97,000円 90,000円 -7,000円
-7円 98,000円 90,000円 -8,000円

【預入期間6ヵ月について、預入より5ヵ月経過時点】

  預入日
当行仲値
損害金 元金および中途解約利息の
円換算損益
元本割れ額
米ドル -7円 97,000円 90,000円 -7,000円
-9円 98,000円 90,000円 -8,000円
-13円 99,000円 90,000円 -9,000円
オーストラリア
ドル
-9円 98,000円 80,000円 -18,000円

 

2.募集条件(大口) 預入額:1百万米ドルの場合

【預入期間3ヵ月について、預入より2ヵ月経過時点】

  預入日
当行仲値
損害金 元金および中途解約利息の
円換算損益
元本割れ額
米ドル -7円 9,730,000円 9,000,000円 -730,000円

  なお、損害金はあくまで概算であり、市場の状況変化によって、上記試算以上の損害金が発生する可能性があります。

 

ページトップ