このページの本文へ移動

個人年金保険

個人年金保険は、払込保険料を一定期間運用し、運用成果を年金として受取る商品です。また、運用期間中は死亡保障があり、万一のときは「死亡給付金」という形で資産をご遺族などに遺すこともできます。

当行の保険募集指針はこちらをご覧ください。

個人年金保険の特徴
個人年金保険の種類としくみ
ご注意いただきたいこと
お客さまにご負担いただく諸費用について
外貨建保険の費用に関する留意事項
個人年金保険に関するご留意事項

個人年金保険の特徴

  • 運用してふやす
    債券などで運用する「定額個人年金保険」、投資信託などで運用する「変額個人年金保険」など、運用の仕方はいろいろです。
  • 年金として受取る
    年金の受取方法には、一生涯にわたって年金が受取れる「終身保険」、あらかじめ決めた期間で年金を受取る「確定年金」の主に2つの種類があります。また、年金での受取に代えて一括で受取る「一括受取」も選択できますので、ご自身のライフプランにあった受取方法を選択することができます。
  • 資産を遺す
    運用期間中は死亡保障があり、万一のときは「死亡給付金」という形で自身の資産をご遺族などに遺すことができます。

個人年金保険の種類としくみ

※以下は、一般的な個人年金保険の商品性をあらわしたイメージ図であり、商品や契約形態によって内容は異なります。また、将来のお受取額等を保証するものではありません。

定額個人年金保険(一時払)

定額個人年金保険(平準払)

変額個人年金保険(一時払)
 

ご注意いただきたいこと

以下のリスクはご契約者さまに帰属することになりますので、十分ご注意ください。
リスクの内容は、商品によって異なりますので、詳細は「ご契約のしおり・約款」、「パンフレット」、「契約締結前交付書面」(「契約概要」、「注意喚起情報」)、「特別勘定のしおり」等にてご確認ください。

定額個人年金保険
定額個人年金保険は、契約の維持・管理に必要となる費用を払込保険料より控除します。そのため、短期間で解約された場合、解約返戻金額が払込保険料を下回る場合があり、ご契約者さまが損失を被る場合があります。

変額個人年金保険
変額個人年金保険は、ご契約者さまから払い込まれた保険料を、国内外の株式や債券を主な投資対象とする特別勘定で運用するため、株式や債券の価格変動や、金利・為替相場の変動、発行者の信用状況の変化などの影響によって、将来お受取りになる年金額・解約返戻金額・死亡給付金額等が変動します。したがいまして、運用実績によっては年金原資や解約返戻金額等が払込保険料を下回り、ご契約者さまが損失を被る場合があります。 
 

お客さまにご負担いただく諸費用について

個人年金保険の費用はすべて引受保険会社にお支払いいただく費用であり、主には「保険契約の締結・維持にかかる費用」「資産運用にかかる費用」「年金の支払いにかかる費用」の3種類があり、それらとは別に「解約手数料」や「特約手数料」等がかかる場合もあります。これらの費用はお客さまのご負担となりますので、十分ご確認ください。
ご契約内容等によって、費用の種類や料率、負担方法などが異なり、下記表の費用はすべての商品にかかるわけではありません。費用の詳細は各商品の「ご契約のしおり・約款」、「パンフレット」、「契約締結前交付書面」(「契約概要」、「注意喚起情報」)、「特別勘定のしおり」等にてご確認ください。


お客様にご負担いただく諸費用

外貨建保険の費用に関する留意事項

外国為替相場の仲値に対して、外貨交換レートと円交換レート(TTSとTTB、あるいは外貨交換にかかる特約の適用レートなど)には、所定の差がありますので、この差で換算した差額が通貨交換時の費用としてお客さまのご負担となります。また、ご契約時と年金支払時等の外国為替相場の仲値に変動がない場合であっても、外貨交換レートと円交換レートの間には所定の差がありますので、この差で換算した差額が通貨交換時の費用としてお客さまのご負担となります。

個人年金保険に関するご留意事項

 

  1. 引受保険会社が破綻した場合には、生命保険契約者保護機構により保護の措置が図られますが、ご契約の際にお約束した死亡給付金額・年金原資額等が削減され、その結果、死亡給付金額・年金原資額等が払込保険料を下回る場合もあります。
  2. 現在ご契約中の保険契約を解約・減額することを前提に、新たな保険契約のお申込みを検討されている場合、お客さまにとって不利益となる場合があります。
  3. 中途解約した場合の解約返戻金額等は、払込保険料を下回ることがあります。
  4. 商品によって異なりますが、免責事由などにより給付金等をお支払できない場合があります。
  5. 個人年金保険のお申込みの有無が、お客さまと山陰合同銀行の他のお取引に影響をおよぼすことは一切ございません。
  6. 法令上の規制により、お客さまのお勤め先によっては山陰合同銀行で個人年金保険をお申込みいただけない場合があります。
  7. 個人年金保険は、クーリング・オフ制度の対象商品です。申込日または、お申込みの撤回などについて記載した書面を受領された日のいずれか遅い日からその日を含めて8日以内であれば、お申込みの撤回等をすることができます。
  8. 個人年金保険は、山陰合同銀行による払込保険料および利回りの保証はありません。
  9. 山陰合同銀行は、募集代理店として、契約の媒介を行いますが、契約の相手方は、山陰合同銀行ではなく、引受保険会社となります。
  10. 個人年金保険は銀行の預金ではありません。したがいまして、預金保険の対象ではありません。

ご契約の際は、契約締結前交付書面(「契約概要」、「注意喚起情報」)等をよくお読みください。

株式会社山陰合同銀行


 

ページトップ