このページの本文へ移動

インターネットバンキングの不正引き出しについて

インターネットバンキングを通じて預金を不正に引き出される被害が国内で急増していますのでご注意ください。

1.不正な取引を防止するため、以下の手続を実施いただきますようお願いいたします。
(1)類推されにくいパスワードへの変更
(2)パスワードの適切な管理および利用(他人に教えない。パスワード利用サイト以外では利用しない等)
(3)パスワードを盗まれないように注意する。
 ・スパイウェアを仕掛けられないように注意する。 → 
詳しい対策はこちら 
 ・フィッシングサイト(なりすましサイト)にアクセスしないように注意する。 → 
詳しい対策はこちら
 ・不審な電子メールは開封しない。
 ・不審な電子メールに記載されたURLにクリックし、サイトにアクセスしない。
 ・万一に備えてウィルスワクチンソフトを利用する。

2.最近発生した不正引き出しの手口と留意事項

手口1 社会保険事務所や保険会社などを装い、「ID」や「パスワード」を聞き出す
「社会保険料の還付金や保険金の返金があるので、手続きにはインターネットバンキングの契約が必要です」などと電話があり、インターネットバンキングの申込書が送付され、申込をした。インターネットバンキングが利用可能になった頃に再度電話があり、ログオンに必要な「ID」や「パスワード」などの情報を教えてしまい、不正使用された。
留意事項 上記のほか、保険会社や住宅業者を装う手口もあります。
「ID」や「パスワード」は他人に教えないでください。
また、当行からも一方的に電話やメールなどで、「ID」や「パスワード」などをお聞きすることはありませんので、ご注意ください。
手口2 フィッシングメールにより、「ID」や「パスワード」を聞き出す
不特定多数に送信されたフィッシングメールにより、偽のログオン画面から「ID」、「パスワード」を入力してしまい不正利用された。
留意事項 当行がお送りするメールからログオン画面にリンクすることは一切ありません。
詳しくはこちら
手口3 スパイウェアで「ID」や「パスワード」を搾取する
ネットカフェのパソコンでインターネットバンキングを利用した際に、ネットカフェの店員に「ID」、「パスワード」等を「キーロガー(スパイウェア)」で盗み取られ、不正利用された。
留意事項 インターネットカフェなど不特定多数の方が使用するパソコンでのインターネットバンキングのご利用は避けてください。
また、「ID」や「パスワード」を入力する際は、「キーロガー(スパイウェア)」に有効な「ソフトウェアキーボード」をご利用ください。
手口4 ファイル交換ソフトにより流出した「ID」や「パスワード」で不正利用する
ファイル交換ソフト「LimeWire」を利用していたが、インターネットバンキングの「ID」、「パスワード」を、暗号化・パスワード対策を施していないワードファイルに記録しデスクトップパソコンに保存していたため、当該ファイルが「LimeWire」により第三者に流出し不正利用された。
留意事項 ファイル交換ソフトのご利用にはご注意ください。
また、パソコン内に「ID」や「パスワード」などの重要な情報を保存することはやめましょう。

3.その他、セキュリティに関する詳細につきましてはこちらをご覧ください。

4.セキュリティ情報の公開サイトをご覧ください。

インターネットセキュリティナレッジ
インターネットセキュリティ全般の情報はこちら(インターネットセキュリティナレッジ)
ポイント http://is702.jp/?piol=Lsi38dh5vl2

お問い合わせ

お電話で相談する

ヘルプデスク(インターネット・モバイルバンキング)

0120-723150 0120-723150

受付時間: 平日  9:00~21:00
      土日祝 9:00~17:00

窓口で相談する

ページトップ