このページの本文へ移動

インターネットバンキングのセキュリティ対策

  • 解読不可能といわれるSSLという実績のある暗号化技術を採用しており、通信時における情報の漏洩・盗聴・改ざんを防止しております。
  • 契約番号、暗証番号、契約者カードの裏面に記された確認番号、取引時における確認暗証番号・ワンタイムパスワード(ハードトークン)による複数の認証を行っています。
  • 暗証番号、確認暗証番号、確認番号、ワンタイムパスワード(ハードトークン)を当行所定の回数以上連続して間違えた場合は、サービスの利用を停止します。
  • 暗証番号等の入力時には、キーボードの操作履歴を読取るスパイウェアに有効な「ソフトウェアキーボード」を採用しています。
  • フィッシング対策として、アクセスしているサイトが当行の本物のサイトであることを確認することができる「PhishWall(フィッシュウォール)プレミアム」、「EVSSL証明書」を導入しています。
  • なりすましによる不正アクセスを早期発見するため、ログオンした際に前回以前のログオン履歴を表示しています。
  • お取引時、暗証番号・確認暗証番号の誤入力によるロック時等や、Eメールアドレス変更時には、操作のご確認のためEメールをお送りします。

 

ページトップ