このページの本文へ移動

「スパイウェア」にご注意ください

スパイウェアを使って、お客さまのパソコンからインターネットバンキングのパスワードなどを不正に取得し、お客さまの預金口座から心当たりのない振込がされるという悪質な事件が発生しています。また、ファイル交換ソフトの利用により、IDやパスワードが予期せず第三者に知られてしまう事件も起きています。
※お客さまのセキュリティ対策が大変重要となりますのでご確認ください。

スパイウェアとは

  • スパイウェアとはパソコンに入力された個人情報をお客さまが気づかないうちに収集して、インターネット経由で第三者へ送信してしまうソフトです。
  • 感染経路は電子メールに添付されているファイル及び、フリーソフト内に仕掛けられているファイル等です。
  • ファイルを解凍・実行すると、ID・パスワード等の個人情報を自動的に取得・送信するスパイウェアが気づかないうちに作成されます。

被害に遭わないためには

  • インターネットバンキングご利用時には、キーボードの操作履歴を盗み取る「スパイウェア」に有効な「ソフトウェアキーボード」をご利用ください。
    セキュリティ強化のため、「パスワード」「確認番号」「確認暗証番号」入力時にソフトウェアキーボードでの入力をご利用ください。
    ※  ソフトウェアキーボードはごうぎんインターネットバンキングサービスのセキュリティを高めることはできますが、お客さまのパソコン自体のセキュリティを高めるものではありません。
  • フリーソフト等を安易にダウンロードしたり、心当たりのない発信元からのメールを不用意に開いたり、不審なWebサイトへアクセスしたりしないようご注意ください。
  • パソコン内にID・パスワードなどを保存しないことをお勧めします。
  • OSやブラウザは適宜最新の修正プログラムを適用してください。
  • 図書館やインターネットカフェ等、不特定多数の方が利用する可能性のあるパソコンでのお取引は避けることをお勧めします。
  • スパイウェア対応のアンチスパイウェアソフト・アンチウィルスソフトのご利用をお勧めします。
    市販のスパイウェア・ウイルス対策ソフト等のスパイウェア・ウイルスチェック機能を利用して、メールで送られてきた添付ファイルをチェックすることや、定期的にご利用のパソコンのウイルスチェックを行うことをお勧めします。
    対策ソフトウェアを提供している主な会社
    シマンテック社
    (URL)ポイントhttp://www.symantec.co.jp/region/jp/index.html
    トレンドマイクロ社
    (URL)ポイントhttp://www.trendmicro.co.jp/home/
    マカフィー社
    (URL)ポイントhttp://www.mcafee.com/japan/
    ※  各製品の詳細につきましては、各社にお問合せください。また、各ソフトの利用は、お客さまの判断にて行っていただきますようお願いいたします。
  • マイクロソフトのスパイウェア関連ページのご確認をお勧めします。
    ポイントhttp://www.microsoft.com/japan/athome/security/spyware/default.mspx
  • コンピュータウイルス等の不正プログラム対策やフィッシング対策など、情報を公開している公的なWebサイトをご紹介します。
    情報処理推進機構:セキュリティセンター
    ポイントhttp://www.ipa.go.jp/security/index.html
    警察庁サイバー犯罪対策
    ポイントhttp://www.npa.go.jp/cyber/
    警察庁セキュリティポータルサイト@police
    ポイントhttp://www.cyberpolice.go.jp

 

インターネットバンキングの成りすまし対策(機能)

個人のお客様

  • お取引メニューのお客さま情報変更から定期的なパスワード・確認暗証番号の変更をお勧めします。
  • お取引メニューのお取引結果確認から定期的なお取引履歴確認をお勧めします。
  • ログオン時、トップページへ過去3回分のご利用履歴情報を掲示しておりますので、ご利用時にはご利用履歴の確認をお勧めします。
  • 資金移動等が行われた場合、後ほどお取引結果確認のためEメールをお送りいたしますので、お取引メニューのお客さま情報変更から最新のEメールアドレス登録をお勧めします。
  • お振込は1日あたり及び、1回あたりの各限度額を任意の金額に設定することができますので、お取引メニューのお客さま情報変更からご登録をお勧めします。
    ※  お取引限度額変更は書面のみでのご登録(パソコン・携帯電話での取引限度額変更停止)ができます。ご利用申込書の提出によるご登録をご利用ください。
    ポイントご利用申込書はこちら
  • 契約者カードの管理には十分ご注意ください。

法人のお客様
※ 利用者の方

  • メニューの利用者情報変更から定期的な暗証番号・確認暗証番号の変更をお勧めします。
  • オンラインサービスメニューの取引履歴照会から定期的なお取引履歴確認をお勧めします。
  • ログオン時、トップページへ過去3回分のご利用履歴情報を掲示しておりますので、ご利用時にはご利用履歴の確認をお勧めします。
  • 資金移動等が行われた場合、後ほどお取引結果確認のためEメールをお送りいたしますので、メニューの利用者情報変更から最新のEメールアドレス登録をお勧めします。

※ 管理者の方

  • メニューの契約法人認証情報変更から定期的な暗証番号・確認暗証番号の変更をお勧めします。
  • メニューの契約法人管理情報変更からサブメニューの利用者情報登録/変更によって、利用者の方の操作権限確認をお勧めします。(随時利用中止登録が可能です)
  • ログオン時、トップページへ過去3回分のご利用履歴情報を掲示しておりますので、ご利用時にはご利用履歴の確認をお勧めします。
  • 資金移動等が行われた場合、後ほどお取引結果確認のためEメールをお送りいたしますので、管理者の方はメニューの契約法人認証情報変更から最新のEメールアドレス登録をお勧めします。
  • お振込は契約法人単位で1日あたり及び、1回あたりの各限度額を任意の金額に設定することができますので、管理者の方はメニューの契約法人管理情報変更からサブメニューの契約法人限度額変更によって、ご利用限度額のご登録をお勧めします。
    また、利用者の方の各取引の限度額も設定することができますので、契約法人管理情報変更から利用者情報の変更をお勧めします。
  • 管理者専用カードの管理には十分ご注意ください。

感染が疑われる場合はすぐにご連絡下さい

お客さまサービスセンター
フリーダイヤル0120-315180

身に覚えのないお取引を発見された場合や、スパイウェアを仕掛けられた可能性のあるパソコンでインターネットバンキングを利用してしまった場合は、直ちに当行までご連絡ください。
※ 当行では被害が発生した場合、警察と連携のうえ金融犯罪への対応を行ってまいります。
操作などのお問合せはヘルプデスク
フリーダイヤル0120-315197
警察の相談窓口
各都道府県警のサイバー犯罪相談窓口一覧
ポイントhttp://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm

ページトップ