このページの本文へ移動

資産流動化業務

売掛金などの会社の資産をオフバランス化することによる資金調達方法をご提案いたします。
 

資産流動化は、キャッシュフローを生み出す保有資産を法的・会計的に切離し(オフバランス化)、生み出されるキャッシュフローを原資に資金調達を行う新しい金融手法で、全国的にも注目される資金調達手法です。

メリット

  1. 自社の借入とはならないためバランスシートのスリム化が可能
  2. 調達手法の多様化が図れる

対象資産も、不動産を始め、売掛債権、手形債権、診療報酬債権等様々な資産の取組が可能であり、今後も資産流動化による資金調達は活発に行われることが想定されます。
ごうぎんでは、お客様のニーズに対応した適切な資産流動化のアレンジメントをご提供させていただきますので、BS(貸借対照表)調整や資金調達手法の多様化をご検討の際にはご相談ください。
 

 相談する


 

ページトップ