山陰合同銀行は、地域に生まれ、地域と共に発展してきた銀行として、豊かで住み良い地域社会づくりを社会的使命と考え、企業市民として様々な社会貢献活動に取り組んでいます。

地域との交流活動

地域との交流活動 各地で開催されるお祭りなどの地域行事に職域単位で積極的に参加しています。また、営業店ロビーでの各種作品展の開催など、様々な文化交流を通じて地域の皆さまとのふれあいを大切にしています。 
 
      

ごうぎん一粒の麦の会

ごうぎん一粒の麦の会 「ごうぎん一粒の麦の会」は、1981年に当行創立40周年記念事業として発足した組織で、関連会社を含むごうぎんグループの役職員が、地域社会への感謝の気持ちを込め、継続的な募金・寄付活動を行っています。 
 

ごうぎん文化振興財団

ごうぎん文化振興財団 当行の創立50周年記念事業として、1992年に「財団法人ごうぎん島根文化振興財団」および「財団法人ごうぎん鳥取文化振興財団」を設立し、山陰両県の「教育活動の充実」、「優れた芸術文化の創造」、「スポーツの振興」を奨励し、地域社会の発展に貢献することを目的とした支援・協賛活動を行っています。
また、「ごうぎん島根文化振興財団」では2012年度から新たに青少年教育事業を開始し、2012年9月に私塾「尚風館(しょうふうかん)」を開校しました。
ポイント 公益財団法人ごうぎん島根文化振興財団  ポイント 青少年教育活動「尚風館」
ポイント 公益財団法人ごうぎん鳥取文化振興財団
 
 

小さな親切運動による活動

小さな親切運動による活動 1997年に思いやりあふれた地域社会づくりに寄与するため、当行が事務局となり「小さな親切」運動山陰本部を設立しました。当行の役職員をはじめ、山陰地域の企業、公共団体、学校、NPO法人から個人まで、多くの会員の皆様にご協力をいただくなか、あいさつ運動、山陰海岸の清掃活動や紙芝居キャラバンなど様々な活動を行っています。
ポイント 「小さな親切」運動山陰本部のホームページ
 

ごうぎんカラコロ美術館

ごうぎんカラコロ美術館 「ごうぎんカラコロ美術館」は、1926年9月に建築された西洋風2階建てで、2009年7月まで当行北支店として利用していたものです。
当行では、この建物を街の景観維持や地域活性化に資する文化拠点となるよう、2012年より美術館としてリニューアルして運営しています。
  〒690-0887 島根県松江市殿町412番地
  開館時間 9:30~18:30
  休館日 毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28~1/3)
  入館料 無料
※当美術館では寄付金を受け付けています。寄付いただいた資金は全て当地の文化振興のため、ごうぎん島根文化振興財団に寄付しています。
 
 

鳥取ギャラリー

鳥取ギャラリー 鳥取営業本部ビル2階に、市民ギャラリーとしてご利用いただける「鳥取ギャラリー」を開設しています。
市民の皆さまの積極的な文化・芸術活動の発表の場としてご好評を得ています。

 

SAN-IN GODO MUSEUM

SAN-IN GODO MUSEUM

 本店3階に、昔の貨幣や山陰地方の藩札などを展示したミュージアムを開設しています。
地域の方々や子どもたちに見学していただき、貨幣や銀行の歴史について学ぶ場としてご利用いただいています。 
 

 

本店展望フロアの開放

本店展望フロア 地域の方々や観光客に、松江市内の眺望を楽しんでいただけるよう、本店最上階を展望フロアとして開放しています。土日・祝日も営業し、特に宍道湖を眺める絶好の場所として、隠れた人気スポットとなっています。
  営業時間 4月~10月 10:00~18:00
    11月~3月 9:30~17:30
  定休日 年末年始(12/31、1/1)
  入館料 無料

 
     

 

 

ページトップへ