エントリー

HOME > 教育制度

確実に成長へ導く6カ月プログラム

ひとり一人の人生を預かる!という想いで人材を採用し育成するごうぎん。

充実した新人行員教育制度を整え、仕事力と人間力をバランスよく高められるプログラムを実施しています

1年間のチューター制度

新人には不安やプレッシャーがつきもの。そこで、先輩が新人を1対1でサポートするチューター制度を取り入れています。
交流ノートもあるので、何でも気軽に相談できると新人たちに好評です。さらに、仕事に関する知識やスキルについては、別に「ジョブコーチ」が付くので安心!

新人スタッフが解説する教育プログラム

4月研修(1カ月)

景山 敏久
(総合職)

お客様役・行員役に分かれ仮想店舗で銀行業務を体験。
最も勉強になったのは、仮想店舗を作って支店の業務を再現するインバスケット研修です。銀行業務は想像し難いものですし、入行前に経験する機会もまずないと思います。銀行業務がどのようなものか、支店で働く前に身をもって学ぶことができたのは大変良い経験でした。

5月研修(5日間) ~事務関連基礎~

大久保 麻里
(エリア職)

仕事を振り返ることで、改めて目標が明確に!
最終日に1日かけて行なったインバスケット研修が勉強になりました。4月は営業店に出る前で想像の世界でしたが、5月は実際の仕事を経験し、少し自信もありました。しかし結果は思うようにいかず、「店の先輩たちってやっぱりすごい!」、「早く追いつきたい」と改めて思いました。

6月研修(3日間) ~仕事力基礎~

衣旗 富夫
(総合職)

経営者と熱く語れることも融資業務には必要です。

最も勉強になったのは融資の業務研修です。融資する企業の財務の健全性や将来性は重要ですが、同時に経営者の熱い想いといった人間性も重要であると教えていただきました。まだ実務経験はありませんが、融資担当になった時は経営者と熱く語れるくらい自分を磨いていきたいです。

7月研修(5日間) ~仕事力基礎~

西村 綾佳
(エリア職)

先輩たちを目指して、 いざ電話セールスに挑戦。
生命保険や投資信託など実際の商品を使ってロールプレイングを行いました。先輩がお客様と楽しそうにお話しながらセールスする姿を見かけますが、いざ挑戦してみると商品説明に四苦八苦。セールストークもただの雑談に…。セールスの難しさを痛感しましたが、先輩目指して頑張ります!

9月合宿研修(4日間) ~人間力基礎~

河田 環
(総合職)

研修の企画・実行を通して自ら学ぶ大切を教わった!
「自分たちで研修を企画し実行」する研修がありました。そこで、普段仕事をしていて自分たちに何が不足しているかを考え、電話セールスのロールプレイングを企画し採用されました。自分たちで主体的に研修を行なうのはとても大変でしたが、ただ教わるのではなく自ら学ぶ大切さも教わりました。
インバスケット勘定締め上げ
インバスケット
ウォークラリー
グループ発表
座禅研修