フレッシャーズビジネスマナーコラム business manner column

知っていれば怖くない! 電話応対のビジネスマナー

期待と不安で胸がいっぱいの新入社員として初出社の日。
これから一緒に働く職場の上司や先輩に好感を持ってもらうには何と言っても第一印象が大切です。
人の第一印象を決める、挨拶と身だしなみのポイントをチェックしてみましょう。

lesson01 挨拶の基本

小さい頃から、学校や周囲の大人を通して「挨拶」の大切さを教わってきたはず。社会人こそ、挨拶は大切です。ではなぜ、挨拶が大切なのでしょうか?挨拶は社会人のルールです。社会人になると、決まった人とだけでなく、不特定多数の人と接することになります。挨拶をすることで、自分を認識してもらえることはもちろん、自分の心を開くことで相手にも心を開いてもらえることにつながるので、コミュニケーションや会話のきっかけになります。

まずは「良い姿勢、明るい、大きな声の挨拶、笑顔」を心がけましょう。当たり前のことができる、それが社会人の第一歩です。

POINT
姿勢

胸を張ってアゴを引き、背筋が伸びている方がハツラツとして好印象。

声

ハキハキと明るい声で話しましょう。

笑顔

挨拶や返事をする時は相手の目を見て、笑顔を意識しましょう。笑顔が苦手な人は、口角をあげると表情が柔らかくなりますよ。

lesson02 身だしなみの基本

「第一印象は、初めの3秒」と言われることもあるほど、一瞬の印象は大切。また、第一印象はなかなか変わらないとも言われています。その大部分を占める身だしなみ。これからの社会人生活を左右するかもしれない初日の印象を良くするために、社会人としての身だしなみの基本を押さえておきましょう。

男性編 FOR MEN
 

男性の身だしなみのポイントは、「清潔感、ベーシック、スマートさ」です。記念すべき、社会人の初日なのですから、リクルートスーツは卒業し、新品をおろしましょう。もちろん素材は、季節に合うものを選びます。スーツの形、色に合わせて、シャツ、ネクタイ、靴、小物の色を選べば、スマートさを演出できます。他にも、髪型、髭、口臭、体臭、姿勢なども、ポイントとしてチェックしていきましょう。

CHECKLIST ひげの剃り残し、鼻毛は見えていないか 歯はきれいか、口臭対策は万全か 襟や袖口に汚れはないか 靴下の色は黒・紺・グレーか 靴はきちんと磨かれているか ポケットに携帯電話や財布、小銭入れ等、モノを入れ過ぎていないか ネクタイは曲がっていないか、結び目はゆるくないか 上着の肩にフケやシミはないか 上着のボタンはすべて留まっているか
ピカピカの靴

ピカピカの靴

黒髪でさわやか

黒髪でさわやか

無精髭

無精髭

派手な靴下

派手な靴下

女性編 FOR WOMEN

男性よりもある意味難しいのが女性。髪型、メイク、スーツやインナー、小物など、ポイントが多いだけでなく、女性の先輩の目も気になるところ…。流行も取り入れたいけれど、どこまでならOKなのでしょうか。例えば、デカ目カラコンやつけまつ毛、まつエクなど、今までは自分の好みでしていたメイクも、社会に出ると「派手」「厚化粧」「オフィス向きではない」と思われる場合もあります。「おしゃれ」ではなく「身だしなみ」。ビジネスシーンに相応しい装いを意識しながら基本をひとつずつ押さえて、好感を持たれる身だしなみを心掛けましょう。

CHECKLIST 髪はきちんと手入れされているか 髪は仕事の邪魔にならないようにまとめられているか アクセサリーは目立ちすぎていないか 香水はきつくないか 爪は伸びていないか 歯はきれいか、口臭対策は万全か 化粧は派手すぎないか スーツのスカートの裾にほつれはないか バッグや持ち物はビジネスシーンに向いているか パンプスのヒールは高すぎないか(3~5㎝程度)
香水つけすぎ

香水つけすぎ

ひざ丈スカート

ひざ丈スカート

まとめられていない髪

まとめられていない髪

ナチュラルなネイル

ナチュラルなネイル

lesson03 自分らしさをプラスする

大切にしたいのは、初々しさと若々しさ。まだ仕事はできないけれど、あなたの元気や笑顔がお客様や同僚にパワーを与えてくれるのです。それは、新入社員だからこそできること。そんな気持ちを忘れずに、自分を知ってもらうための身だしなみを考えてみましょう。周りの人に不快な印象を与えないように、身だしなみに自分の個性を出し、おしゃれも楽しむためにはどうしたらいいでしょうか?

男性編 FOR MEN
 

まずは春らしく、明るい色を選びましょう。スーツは、黒・グレー・ネイビーが基本と言われますが、シャツやネクタイで明るい色を取り入れることはできます。例えば、シャツは、目立たないストライプやチェック柄にすれば、少し気を利かせた印象に。ネクタイは、スーツに合わせて、同系色でまとめてもいいですが、反対色で差し色にするのもオススメです。青系はクールな印象に、赤系は情熱的な印象を与えてくれるでしょう。また、ベルト、靴、鞄などの色を合わせたり、見えづらい部分ですが、靴下やカフスボタン、ハンカチなど細部にまでこだわってみるのも良いかもしれません。職場のドレスコードも意識しながら「新社会人らしいフレッシュな印象」を心掛けましょう。

女性編 FOR WOMEN
 

初日はやはり「印象が良いこと」をテーマに考えてみるのが良いでしょう。「清潔、爽やか、初心、従順」などのイメージをキーワードに、白色のインナーを選んだり、髪の毛をひとまとめにしてみたり。
そんな新入社員としての印象を大切にしながら、少しだけ自分を表現するなら、スカートの代わりにパンツスーツを選んでみるのもいいかもしれません。パンツスーツは快活で少しかっこいい印象を与えてくれます。
またメイクは、華美でない色味のものを選ぶ代わりに、少しだけ上質なものを選んでみては?顔の色を明るく、肌感をなめらかに見せてくれるメイクに力を入れることで、きっちりとした印象を与えてくれます。

「おしゃれは自分のため、身だしなみはお客様のため」と心得、若さと元気をアピールできる存在を目指しましょう。