My Life is... #29

おもてなしの心 株式会社ふるさと鹿野 国民宿舎山紫苑 フロント 吉村亮真

おもてなしの心 株式会社ふるさと鹿野 国民宿舎山紫苑 フロント 吉村亮真利

幼いころから親しみのある施設に就職

  • ─ 山紫苑(さんしえん)に入ったきっかけは?
     高校を卒業して鳥取市内にある飲食店に就職し、接客や調理に携わる仕事をしていました。仕事を通じて社会人としての基礎や心構えを学び、いろいろな人と関わりが持てる接客業の魅力を知って、次の職も同じ接客業で働きたいと思い探していた時に、山紫苑で働いている知り合いに紹介してもらい、平成28年5月に入社しました。山紫苑のある鹿野町は、住んでいる気高町の隣町ですし、幼いころに家族で利用したことがある施設だったので、親しみのある地域で働けるのはいいなと思いました。

    ─ 仕事内容を教えてください。
     フロント業務を担当し、主に電話での予約受付や来苑されたお客様のご案内などを行っています。ほかに、お客様をお出迎えする「歓迎板」を書いたり、送迎車の運転などもしています。フロントを受け持つ社員の皆さんは、鳥取市公認の観光案内の達人の証となる「鳥取観光マイスター」の資格を取得されています。私も今年1月から鳥取市観光大学で鳥取の文化や歴史、観光地などについて学び、鳥取観光マイスターの試験に合格し、代表として挨拶させて頂きました。あらためて鳥取の文化や歴史を学び、地元だと身近過ぎて当たり前のように感じていたことも、県外の方から興味を持って見に来てもらえるものがあるのだと気付きました。

いつも笑顔で丁寧に。お客様にくつろぎの時間を

  • ─ 仕事で心がけていることは何ですか?
     いつも、お客様の立場に立って考えるようにしています。以前から内心は焦ったりしていても、周囲からは落ち着いている様に見られていましたが、まだ入社して2年目ですし、仕事でバタバタしていると余裕がなくなる時もあります。でも、こちらがどんなに忙しくても、常に笑顔で接して、一人ひとりのお客様にしっかり対応するように心掛けています。
     以前、お客様が外出先で財布をなくされた時に、JRや出掛けられた場所などに電話をして探すのをお手伝いしました。無事に財布が見つかってほっとされたお客様を見て、本当に良かったと思いました。こちらとしては当然のことをしただけですが、「一緒に探してくれてありがとう」と言ってもらった時はうれしかったですね。あと、駅まで送迎して感謝されたり、電話での対応時に「ご丁寧にありがとう」と喜んでもらえると、やりがいを感じます。
  • ─ 会社の良いところを教えてください。
     上司や先輩、同僚とも仲が良く、職場の雰囲気がとても良いです。年2回の休館日には、ほかの営業施設の職員も含めて懇親会があり、交流を深めています。接客業ですが、シフト制で週末も休めるので、趣味のフットサルの試合や地域の祭りに参加でき、プライベートも充実しています。観光マイスターをはじめ、お客様により満足してもらうためのサービス知識などを習得する「日本の宿 おもてなし検定」などの研修も積極的に受講させていただいています。

  • 先輩との打合せ風景。

  • 受付での接客風景。

  • 鳥取観光マイスター認定証。

経験や知識を積んで早く一人前になりたい

  • ─ プライベートのことを教えてください。
     現在は気高町の実家で両親と妹と弟の5人で暮らしています。中学、高校時代はサッカー部でした。地域の春祭りに参加した時に誘いを受け、仕事が終わってから、地元の小学校のフットサルチームでコーチとして子どもたちを教えています。初心者が多く、チームをまとめるのも大変ですが、日々、成長する姿が見られるのは嬉しいですね。
     フットサルを教えている小学生たちとは10歳以上年が離れていて、小さな弟たちのような感じで、練習以外の時間はお兄ちゃんのように慕ってくれています。子どもたちの親御さんも一緒にプレーしていて、大人と子どもの混合チームで出場するフットサルの大会にも出場しています。

    ─ 将来のビジョンを教えてください。
     来苑されたお客様に最初にご挨拶できるフロントという仕事に誇りを持っています。まだ入社して1年ほどしか経っておらず、山紫苑の中でも経験したことがない仕事がたくさんあります。まだまだ知らないことの方が多いので、ほかの業務についても知識を深め、早く一人前になれるようがんばって、お客様に山紫苑でよりくつろいで過ごしていただけるような接客ができるスタッフになりたいです。
     また、鳥取で暮らしていても意外と地元の魅力に気付いていない人も多いように感じるので、鳥取観光マイスターで得た知識を生かして、来苑されるお客様にはもちろん、身近な人たちにもふるさとの良さを広めていけたらと思います。

  • 地元の宝木春祭りにて。

  • フットサル試合風景。

  • フットサル大会での集合写真。

  • 株式会社 ふるさと鹿野

    鹿野地区のまちづくりを、地域とともに推進していくための民間組織として設立。温泉宿泊施設(山紫苑)の管理運営をはじめ、地元食材等を使用した特産品の製造や販売、飲食サービス(そば道場)などを展開。収益性の確保を目指す事業と、地域づくりや体験交流といった公益性の高い事業に取り組み、2つの事業の調和を図りつつ企業経営を展開しています。

    国民宿舎 山紫苑

    100%かけ流しの天然温泉は別名“おんな湯”と呼ばれ、県内外の方から肌がつやつやになると好評。庭園露天風呂や大浴場、展望浴場でじっくりお楽しみ頂けます。名物のスッポン料理や鳥取地鶏料理(鍋・会席)、季節の会席料理もおすすめです。
  • 株式会社 ふるさと鹿野