My Life is... #28

おいしく食べて笑顔になる 有限会社本田商店 営業企画部 事務担当 安部由香利

おいしく食べて笑顔になる 有限会社本田商店 営業企画部 事務担当 安部由香利

結婚を機に島根へ。老舗のそばを全国に

  • ─ 本田商店に入ったきっかけは?
     私は埼玉県さいたま市出身で、大学卒業後に築地市場のマグロ卸会社に入社して営業事務を担当していました。そこで島根県奥出雲町出身の夫に出会い、結婚を機に奥出雲町に移住しました。
     最初は、地元の企業で一般事務や就労支援施設で職業指導員の仕事をしていました。その仕事もやりがいはあったのですが、もともと食に関わる仕事に興味があったので、島根でも何か食の現場で働けたらと思っていたところ、国内産のそば粉と小麦粉を使ったこだわりのそばを製造・販売している本田商店を知人から紹介してもらい、入社を決めました。

    ─ 仕事内容を教えてください。
     入社してから、製造事務、営業事務と移り、現在は出荷伝票や送リ状の作成、発注書処理、電話対応などの事務全般を担当しています。
     本田商店の歴史は長く、大正2年から代々の製法を引き継いで、現在も「食べて美味しい、身体に美味しい」をモットーに、無添加のそばを作っています。そば本来の風味が味わえると人気で、沖縄から北海道まで全国から注文がたくさん届きます。本田商店のそばを楽しみに待っている全国の皆さんへ、早く間違いなく届くよう、毎日の仕事に精を出しています。

目標を立てて効率化を図る

  • ─ 仕事で心がけていることは何ですか?
     いかに効率よく、たくさんの仕事をこなせるかをいつも考えています。そのために、一つの作業にどのくらい時間がかかるかストップウオッチで測って、上司や先輩社員にアドバイスしてもらっています。
     まだ入社して1年ほどですが、会社の皆さんに丁寧に教えてもらえて、本当にありがたいです。今後は事務にとどまらず、発送などいろいろな部署の経験も積んで、次に入ってきた人に、私も先輩のように分かりやすく伝えていきたいです。
  • ─ 会社の良いところを教えてください。
      全社員が1年に1回、連続して10日間のリフレッシュ休暇を取ることができます。休みの間は、社員同士が補い合える体制もできているので安心して休めます。
     また、社員一人ひとりが具体的な目標を立て、紙に書いて貼り出しています。その目標の立て方が上手な人や、達成に向けて努力している人は周りの人が評価して、評価の高い人には会社から手当てが出るんです。目標に向かって努力することを後押ししてくれる雰囲気があって、頑張りがいがあります。

  • 同じ部署の方との打合せ風景。

  • 受注内容は全員が同じデータを確認できるように大きいモニターに映し出して、日々確認を行う。

  • 会社案内にも掲載している「まじめが一番」は企業理念のひとつ。

旬の食材を味わって自然を堪能

  • ─ プライベートのことを教えてください。
     都会育ちですが、自然がすぐそばにある島根の環境は、ほっとできて心が落ち着きますね。食べ物もおいしくて、近くに住む夫のお母さんやおばあちゃんに、この地域独特の調理法を教えてもらったり、自分で調べたりして、旬の食材をおいしくいただいています。夫のお父さんが作ったエゴマを和え物にしたり、知り合いが捕ったイノシシの肉でチャーシューを作ったり。ほかにも、榾木(ほだぎ)で栽培したナメコはバター炒めにするととてもおいしいですし、家の裏で採れるタケノコはジャムにするとリンゴのような食感でおいしかったです。
     島根に来てから産まれた2人の娘たちも、自然の中でのびのびと育っています。本田商店のそばも大好物。無添加のものや、四季折々に身近で採れるものを食べることで、本物の味が分かるようになってくれたらと期待しています。
     本を読むのも好きで、子どもが産まれてから絵本の魅力を再認識しました。娘たちと一緒に絵本の世界を楽しんでいます。ゆくゆくは夫の実家をリフォームして、自然に囲まれた中でゆったりと暮らしていけたらいいですね。

    ─ 将来のビジョンを教えてください。
     夫が大学時代に過ごした岩手県の方々と今も交流が続いていて、いつか家族で訪ねたいねと、夫と話しています。
     仕事では、与えられたことばかりでなく、自分から気付いて動けるようになりたい。本田商店は、そばだけでなくパスタやグルテンフリーの商品販売にも近年力を入れています。自分が望めばいろいろな仕事を経験できる環境なので、私も挑戦を続けて全国に本物のおいしさを伝える一端を、これからも担っていきたいです。

  • 料理には欠かせない愛用の圧力鍋。

  • 自宅の近くで育てているキノコ。

  • 子供たちに読み聞かせをする絵本たち。

  • 有限会社本田商店

    有限会社本田商店は、大正二年より島根県東部の雲南市木次町で、そば作りを始めました。
    現在、そばだけでなく、季節の食材を混ぜたそばやうどん、生パスタも製造しており、特にそば屋が作った生パスタは、お客様よりご好評をいただいております。原料にもこだわりがあり、国内産原料や有機原料を主に使用しています。そば粉は、弊社でそばの実を製粉し、栄養価の高い甘皮まで丸ごと挽いた挽きたてを3日以内に使います。
    お客様には健康、安心、安全な物を食べていただきたい思いから、「食べて美味しい、身体に美味しい」をモットーに、原料から製麺まで、食品添加物を一切使用しない商品を製造しています。
  • 有限会社本田商店