My Life is... #19

いつも楽しく 株式会社マルマン 黒田店 レジチーフ 友利和美

いつも楽しく 株式会社マルマン 黒田店 レジチーフ 友利和美

地元に密着したスーパーに入り笑顔で接客!

  • ─ マルマンに入社したきっかけは?
      地元松江の高校を卒業後、就職を決めるにあたり、人と接することが好きだったので接客業を、そして家から通えることが条件でした。その中でも『バイト感覚でできるスーパーがいいな。レジの仕事は自分でも直ぐこなせそうだし!』と、最初は深く考えずに職種を選んでいたのです。しかし、実際やってみると体力もいり、お客様相手なので気配りも必要となります。それと、お客様から顔を覚えてもらえ「ありがとう」と言われると、ますますやりがいを感じるようになりました。はじめに思い描いていたレジ仕事のイメージと全く違ってきたのです。それから16年の歳月が経ちました。

    ─ 心がけていることは何ですか?
     例えば、ご年配の方や赤ちゃんを抱っこしている方なら『この方はお手伝いが必要だな』とか、手を怪我されている方なら、こちらから「袋詰めしましょうか?」と声をかけたり、あとはいつも来られている方なら行動パターンが分かるので、予想して対応するようにしています。
     もう一つ、自分が明るくいることですね! やはり人間ですから周りに与える影響はそれなりにあり、仕事の指示を出す立場にいるので、周りの人が気持ちよく仕事ができるようにと思っています。それと感情的な物言いにならないようにしています。あとは、失敗したり、怒られても引きずらないことですね(笑)。

地元にいるからこそ子育ても仕事も充実できる

  • ─ 会社の良いところを教えてください。
      女性が多い会社なので、産休や育休がとれます。私は長女出産のときに8カ月いただきました。育休明けてからも育児短縮という制度もあり、勤務時間を短くする働き方もあります。私は近くに実家があるので両親に協力してもらって働いていますが、核家族の社員の方は、会社と相談してパート勤務に変わったり、シフトの勤務時間を優遇してもらうなど、女性が働きやすい環境をつくってもらえます。
     あと、上司も気さくな人が多いので、コミュニケーションも取りやすく雰囲気がいいですし、私がずっと働いてこれた理由の一つだと思います。社員の方もフレンドリーで、仕事に対してお互い困ったら協力しあっています。

  • 普段から上司とも気軽に話ができるのも、働きやすさの秘訣。

  • 袋詰めのお手伝いをするのもレジ業務の1つ。

  • 友利さんおすすめのお寿司コーナー。

先輩から受け継いだものを後輩へ繋ぐ!

  • ─ プライベートを教えてください。
      主人と4歳になる娘の3人暮らしで、市内に実家があるので子育てに協力してもらっています。特に趣味といったものはありませんが…強いて言えば、音楽鑑賞ですかね。特にジャンルはないんですが、家にいるときは常に音が流れている状態です。たぶん、小さいときにピアノをしていたので、その影響だと思います。あと、娘が今「ドラえもん」が好きで、ドラえもんグッズを見ると私もテンションが上がります(笑)。将来は、もう一人子どもを産んで、いずれはマイホームを建てることが夢ですね。

    ─ これからやっていきたいことを教えてください。
     今はチーフ業も兼任していて、後輩の指導や教育も携わり、毎年新入社員研修にもレジ打ちはもちろん、袋詰めのやり方や接客練習なども協力させていただいています。これからも後輩の教育にはどんどん関わっていき意識向上改革や意欲が湧くような仕事づくり、雰囲気づくりなど、どんどん改善していきたいと思います。
     私はまだまだ未熟ですが、はじめは全て先輩から教わりました。その教えを受け継ぎ、今までの経験をプラスして「マルマン」の社員として後輩に伝えていくことは私の役目だと感じています。

  • 子供が好きなドラえもんグッズ。

  • お休みの日はマイカーで近場をドライブして気分転換!

  • 袋詰めのやり方も書かれているマルマンの秘訣が詰まった新入社員研修マニュアル。

  • 株式会社マルマン

    創業昭和28年(1953年)、松江市・出雲市・雲南市で6店舗を運営しています。マルマンは、食品の販売を通して、たゆまぬ努力をつづけております。
    創業以来、『お客様第一』・『良品廉売』をモットーにお客様の心の満足、人づくりのための教育を経営の柱とし、良い商品を安く、高いサービスレベルで安定的に提供し、お客様から絶大なる信頼を得、新しい時代の地域社会の発展に貢献することを使命とし、躍進して参ります。
  • 株式会社マルマン