自分で老後の資金をつくる確定拠出年金 個人型DC シミュレーション

そもそも個人型DCって何?

DCとは、Defined Contribution Planの略で、確定拠出年金とも呼ばれています。
確定拠出年金とは、老後の備えを目的とし、基礎年金や厚生年金などの公的年金に上乗せして給付を受けられる私的年金のひとつで、企業が掛金を支払う「企業型」と個人が掛金を支払う「個人型」の2種類に大別されます。

皆さまが加入している厚生年金や企業年金なども“老後に備える”という目的は同じですが、「確定拠出年金」がそれらと大きく違うのは、国や会社に老後の資産・運用をまかせるのではなく、自己責任で運用を行うというところにあります。

日本で確定拠出年金制度がスタートしたのは2001年。その後、企業型の加入者数は500万人を超えるまでに増え続け、知名度が低いとされていた個人型の加入者も今年3月で約26万人にまで増加しているといわれています。
2017年1月からはこれまで確定拠出年金の対象から除外されていた公務員の方も加入できるようになり、より多くの人の活用が予想されています。

※出典元:「確定拠出年金制度」(厚生労働省)を加工して作成
  • 3つの税制メリット
  • 事例で分かる!積立~受け取りの流れ
  • 税控除を確認!シミュレーション
  • なるほどQ&A

掛金の全額所得控除でどれだけおトクになる?

確定拠出年金「個人型DC」では、拠出→運用→受給までさまざまな税制上の特典が受けられます。 とくに、毎月お金を積み立てる(=拠出)際の税制メリットとして注目されるのが、全額が所得控除の対象になるという点です。

所得控除のイメージ

どれくらい節税になる?シミュレーションをしてみよう!

それでは、あなたが「個人型DC」に加入すると実際にどれくらいの節税メリットが受けられるのか、軽減税額シミュレーションでおトクになる金額を算出してみましょう!
誕生年月、加入予定年月、毎月の掛金額、あなたの年収を入力すると、自動で軽減税率額を算出します。
必要事項の入力は下記の手順を参照してください。

税控除を計算してみよう<

  1. 1.誕生年/月を入力
  2. 2.加入予定年/月を入力公務員の方は2017年1月以降
  3. 3.毎月の掛金を入力<掛金は月額5,000円以上、1,000円単位で決めることができます。掛金の上限については下記の(表1)をご確認ください。
  4. 4.年収額を入力税込年収額を入力してください。
  • 誕生日

    西暦で記入してください(例:1976年1月の場合「1976」、「1」を入力してください。)

  • 加入予定

  • 毎月の掛金額

    1,000円単位で計算できます(例:20,000円の場合「20」を入力してください)

  • 税込年収額

所得控除による節税額

  • 1日生まれの方に限ります
  • 60才までの加入月数
    ヵ月
  • 1年間の掛金合計
  • 60歳までの掛金合計
  • 60歳までの所得控除による節税額

(表1)

掛金の上限(月額)対象者
68,000円個人事業主の方
23,000円企業年金等(※)に加入していない方・専業主婦(主夫)の方
20,000円企業年金等(※)に加入している方のうち、企業型DCにのみ加入している方
12,000円公務員の方・企業年金等(※)に加入している方のうち、企業型DCにのみ加入している方以外の方

※企業年金等とは、企業型DC・確定給付企業年金・厚生年金基金・石炭鉱業年金基金をいいます。

このシミュレーションはあくまでも節税額をイメージして頂くための概算であり、実際の金額とは異なりますのでご注意ください。
加入時手数料、管理手数料は考慮していません。

〈前提条件〉
上記は、一定の前提条件により所得税額、住民税額を算出していますので、実際の税額とは異なります。
税額の試算にあたっては、「給与所得控除」「社会保険料控除」「小規模企業共済等掛金控除」「基礎控除」の概算額のみを考慮し、その他の所得やその他の控除は考慮していません。税額は平成28年9月30日現在の税制に基づいて試算しています。
社会保険料は、年収の15%として試算しています。
住民税は課税所得の10%として試算しています。
復興特別所得税は考慮していません。

例えば、年間4万円/25年間で108万円の節税メリットが受けられるとしたら…

税額が少なくなった分を何に使うか、考える楽しみも広がります。また、セカンドライフの資産づくりのプラスαという考え方もできます。ごうぎんでは、資産づくり・資産運用についてのアドバイスを行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

お近くの店舗で相談する