自分で老後の資金をつくる確定拠出年金 個人型DC シミュレーション

そもそも個人型DCって何?

DCとは、Defined Contribution Planの略で、確定拠出年金とも呼ばれています。
確定拠出年金とは、老後の備えを目的とし、基礎年金や厚生年金などの公的年金に上乗せして給付を受けられる私的年金のひとつで、企業が掛金を支払う「企業型」と個人が掛金を支払う「個人型」の2種類に大別されます。

皆さまが加入している厚生年金や企業年金なども“老後に備える”という目的は同じですが、「確定拠出年金」がそれらと大きく違うのは、国や会社に老後の資産・運用をまかせるのではなく、自己責任で運用を行うというところにあります。

日本で確定拠出年金制度がスタートしたのは2001年。その後、企業型の加入者数は500万人を超えるまでに増え続け、知名度が低いとされていた個人型の加入者も今年3月で約26万人にまで増加しているといわれています。
2017年1月からはこれまで確定拠出年金の対象から除外されていた公務員の方も加入できるようになり、より多くの人の活用が予想されています。

※出典元:「確定拠出年金制度」(厚生労働省)を加工して作成
  • 3つの税制メリット
  • 事例で分かる!積立~受け取りの流れ
  • 税控除を確認!シミュレーション
  • なるほどQ&A

事例で分かりやすく積立て~受取りの流れをご紹介!

ここでは「個人型DC」に加入してから、積立て?受取りまでの全体の流れをご紹介します。
まず、この「個人型DC」にはセカンドライフに備えるという目的がありますが、
そもそもセカンドライフにどれくらいお金がかかるのでしょうか?
総務省の調査によると年金収入夫婦世帯の日常生活には1ヵ月約26.9万円かかります。

定年退職後に趣味や旅行を楽しもうと思うと支出はさらにかさみます。夫婦でゆとりあるセカンドライフを送るためには1ヵ月約35.4万円が必要になるというデータもあります。

高齢夫婦無職世帯の収入と支出
出典/<収入>厚生労働省:平成26年度の年金額の例、<支出>総務省統計局:平成26年家計調査年報
※厚生年金給付額は、夫が平均的収入(平均標準報酬36.0万円)で40年間就業し、妻がその期間すべて専業主婦であった世帯が年金を受け取り始める場合の給付水準で、夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額です。

公的年金はいくらもらえる?

平成26年度の国民年金を例にとると、40年間国民年金のみに加入して満額の給付資格を得ている人は、月額約6.4万円(夫婦の場合約12.8万円)の老齢基礎年金を受け取ることができます。 会社員の方であれば基礎年金(国民年金)の上乗せとして厚生年金からも給付を受け取ることができますが、それでも月額約22.7万円で支出をまかなうことはできません。

公的年金はいくらもらえる?
※総務省統計局:平成26年家計調査年報より
※財団法人生命保険文化センター:H25 年度生活保障に関する調査より

確定拠出年金(企業型)に加入していない会社員の方が基礎年金(1階部分)、厚生年金(2階部分)などの公的年金に上乗せして給付を受けられる私的年金のひとつが「個人型DC」です。

もっと「個人型DC」について知りたい方へ
  • ※1 企業年金等とは企業型DC、確定給付企業年金等。企業型DCを実施している企業は、企業型DC規約で個人型DCへの加入を認めている場合のみ加入可能。
  • ※2 企業年金等(※1)に加入している方のうち、「企業型DCにのみ加入している方」の額。
  • ※3 企業年金等(※1)に加入している方のうち、「企業型DCにのみ加入している方(※2)以外の方」の額。(公務員・私学共済加入者もこちらに含まれます)

山陰合同銀行 確定拠出年金「個人型」に関するお問い合わせ先

東京海上日動401Kコールセンター 0120-719-401

オペレーターにプラン名「ごうぎん個人型DCプラン」
お伝えください。

受付時間 平日:午前9時~午後8時/土日:午前9時~午後5時
(祝日・振替休日・年末年始はお休みさせていただきます。)

お近くの店舗で相談する