自分で老後の資金をつくる確定拠出年金 個人型DC シミュレーション

そもそも個人型DCって何?

DCとは、Defined Contribution Planの略で、確定拠出年金とも呼ばれています。
確定拠出年金とは、老後の備えを目的とし、基礎年金や厚生年金などの公的年金に上乗せして給付を受けられる私的年金のひとつで、企業が掛金を支払う「企業型」と個人が掛金を支払う「個人型」の2種類に大別されます。

皆さまが加入している厚生年金や企業年金なども“老後に備える”という目的は同じですが、「確定拠出年金」がそれらと大きく違うのは、国や会社に老後の資産・運用をまかせるのではなく、自己責任で運用を行うというところにあります。

日本で確定拠出年金制度がスタートしたのは2001年。その後、企業型の加入者数は500万人を超えるまでに増え続け、知名度が低いとされていた個人型の加入者も今年3月で約26万人にまで増加しているといわれています。
2017年1月からはこれまで確定拠出年金の対象から除外されていた公務員の方も加入できるようになり、より多くの人の活用が予想されています。

※出典元:「確定拠出年金制度」(厚生労働省)を加工して作成
  • 3つの税制メリット
  • 事例で分かる!積立~受け取りの流れ
  • 税控除を確認!シミュレーション
  • なるほどQ&A

注目すべき「個人型DC」3つの税制メリット!

  • 1.掛金が全額所得控除されます
  • 2.運用益に税金はかかりません
  • 3.受け取るときも税制優遇が受けられます

非課税メリットは確定拠出年金の大きなポイントです!

確定拠出年金「個人型DC」を活用して積み立てすると、
拠出(積立)~運用~受給までさまざまな税制上の優遇が受けられます。

掛金は全額所得控除に!
例えば、月々12,000円を積み立てた場合、年間最大144,000円(12,000円×12ヵ月)が所得控除の対象になります。
税率30%で計算した場合、年間で43,200円、25年間の税額軽減メリットは最大108万円にもなります。
運用時の利益も非課税!
預貯金の利子や株式等の運用益にかかる税金は原則20.315%とされていますが、
確定拠出年金の資産の運用益は課税されないので、効率的に運用できるメリットは高くなります。
受給のときの課税も控除の対象。
雑所得として課税され、年金(給付金)として受け取る場合は「公的年金等控除」が適用されます。
※一時金(退職所得)として受け取る場合も「退職所得控除」が適用されます。

※税額は平成28年9月30日現在の税制に基づいて試算しています。

ここが知りたい!「個人型DC」

こうした疑問に、詳しくお答えします!

ごうぎん窓口、下記コールセンターで随時ご相談を受付け、老後の備えを考える皆さまをサポートします。

山陰合同銀行 確定拠出年金「個人型」に関するお問い合わせ先

東京海上日動401Kコールセンター

オペレーターにプラン名「ごうぎん個人型DCプラン」
お伝えください。

受付時間 平日:午前9時~午後8時/土日:午前9時~午後5時
(祝日・振替休日・年末年始はお休みさせていただきます。)

ごうぎん確定拠出年金について詳しく見る