暮らしが楽しくなるヒントやなるほど情報 こねくとタウン

TOP > こねくとタウン > この資格にはいくらかかる?スキルアップにかかる費用

2018/7/13

この資格にはいくらかかる?スキルアップにかかる費用

働き方改革が進む中で、リモートワークやパラレルワークなど、働き方にも多様性が出てきています。これからは、個のスキルを生かして複数の会社をステップアップしたり、自分の事業を興したりと、個の力が重要になってくると考えられます。そこで気になるのがスキルアップに必要な資格ではないでしょうか。今回は、スキルアップのための主な資格とその取得費用について紹介します。

グローバル化が進む中で、英語力がますます求められるようになってきています。そのため、街中に多く存在する英会話学校に通って、TOEIC®やTOEFL®などといった英語のテストのスコアアップを目指すことも一つの手段です。受験料はTOEIC®で5,725円、TOEFL®で235米ドルです。他にも英語に関連する資格はたくさんありますが、受験料は5,000円~3万円程度となっています。

なお、英語の資格を取得するには英会話学校に通うのが一般的です。学校やレッスン形態によって費用感は異なりますが、大手英会話学校の費用の相場をまとめると以下の表のようになります。

レッスン形態 費用の相場(1レッスン当たり)
グループレッスン(最大8名程度) 2,500円~4,500円程度
少人数レッスン(2~5名程度) 2,500円~5,000円程度
マンツーマンレッスン(1名) 5,000円~8,000円程度

月謝制で週1回のタイプや、回数制のタイプなどもあるため一概にはいえませんが、毎月1万~3万円程度の費用がかかると考えるとよいでしょう。1年間通うと10万~40万円程度となります。また、入学費や教材費などが授業料以外にかかるケースもあるため、あらかじめホームページやパンフレットなどで確認しておきましょう。

MBA(Master of Business Administration)は、経営学の修士のことをいいます。経営学の大学院修士課程に通い、修了すると授与される学位です。マネジメントやマーケティングなど、ビジネスに関わるスキルを身につけることを目的として、国内外のビジネススクールへ通うビジネスパーソンが増えています。MBAを取得するには、国内外の大学院で1~2年学ぶことが必要です。

学校によって費用感は大きく異なりますが、国内ですと100万~400万円程度、海外ですと700万~2,000万円程度と考えられます。海外留学ですと旅費や生活費などもかかりますので、プラス数百万円は見積もる必要があるでしょう。

簿記試験(日商簿記検定試験)も、経理の知識を身につけたい学生やビジネスパーソンなどに人気のある資格試験です。2018年現在の受験料は、1級7,710円・2級4,630円・3級2,800円となっています。また簿記試験のための教科書や参考書は、1冊1,500~2,000円ほどかかります。スクールに通って合格を目指す場合は、3級ですと2万~3万円程度、2級ですと7万~10万円程度、1級ですと10万~20万円程度かかるのが一般的です。通信講座だけですと、やや値段は下がります。

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、個人のライフプランに沿った資金計画のアドバイスなどを行う職業です。マネーリテラシー向上のため、あるいはスキルアップのために取得を目指す人が増えています。日本FP協会の実施するFP技能検定の受検手数料は、学科試験と実技試験を合わせて3級6,000円・2級8,700円・1級2万8,900円です。これに加えて、教科書や参考書が1冊1,500~2,000円ほどかかります。

スクールや通信講座を受講すると、3級で2万~3万円程度、2級で10万~15万円程度、1級で10万~15万円程度かかるのが一般的です。

以上のように、資格取得に必要な費用は千差万別です。数ヵ月の学習と数万円程度の費用で済む資格もあれば、海外MBAのように1,000万円を優に超える費用を必要とする資格もあります。費用が大きい場合は、自分で貯蓄をしてから資格取得のための行動を始める人が多いでしょう。しかし、必要な分を貯蓄するまでに何年もかかってしまい、モチベーションやチャンスを失う人も少なくありません。「善は急げ」の言葉通り、早めに行動を開始するのがおすすめです。

しかし、「お金がないから資格取得がスムーズにできない」と考える人もいるかもしれません。そんな人は、貯蓄ではなくフリーローンを活用するのはいかがでしょうか。幅広い範囲で活用することができるので、早く資格を取得したいと思う人はフリーローンを利用して、ステップアップのスピードをあげましょう。これは、「自分にレバレッジをかける」ともいわれます。人生に何度も来ないようなチャンスを手にするための手段が、自分へのレバレッジなのです。

社会人としてスキルアップを目指すための資格は、数え切れないほど存在しています。仕事を続けながら学習や受験のできる資格は、数万円から多くても20万円程度の費用で収まるものが多い傾向です。しかし、MBAのための海外留学のように、仕事を辞めたり中断したりして取得を目指す資格の場合は、1,000万円以上要することがザラにあります。

スキルアップにつながるのであれば、資格取得によって将来の大幅な収入アップも期待できるでしょう。自己資金が貯まるまで待つのもよいのですが、フリーローンによる他人資本を活用し、自分にレバレッジをかけてがんばることも自分への投資方法の一つではないでしょうか。

おすすめの関連コラムを読む