2017/8/31

暮らしが楽しくなるヒントやなるほど情報 こねくとタウン

TOP > こねくとタウン > 私がiDeCoを勧める理由

私がiDeCoを勧める理由

~お客さまへの思いを語るインタビュー~


先月のマネーコラムでもご紹介した「個人型確定拠出年金 iDeCo」は、今年の1月から公務員や企業年金のある会社員、家事専従者なども加入できるように法改正されたこともあり、いまイチ推しの人気商品です。そこでごうぎんなびでは、窓口でのご相談や商品のご説明など、お客さまと接する行員さんにインタビュー。iDeCoの魅力について直接お話を聞いてきました。

契約されるお客さまは、どういった方が多いですか?

A50代の方が多い印象ですね。それなりに余裕資金があって、老後資金を有利に運用できないかとお考えの方なんだろうと思います。

お申込の動機や理由として多いのは何ですか?

Aやはり「税額軽減」のメリットが大きいですね。近年は個人で仕事される方や副業をされる方が増えていますので、会社員の方でも自分が支払う税金について、あるいは税控除についての関心がすごく高まっています。

よくある質問やご相談として、どういう話題がよく出ましたか?

A私の方からは、そもそも確定拠出年金とは?iDeCoをどこまでご存知なのか?そのヒアリングから始めるようにしています。お客さまがお持ちの予備知識によって説明の仕方が変わるからです。お客さまからのご質問では「運用商品をどのように選べば良いのか?」というご相談が圧倒的に多かったですね。ご自分の資産ですから、大枠の方法論や方向性はすでにみなさんお持ちになっておられます。しかし「具体的な運用商品は?」となると、細かい点でご不安なこともありますので、きちんと丁寧に説明するように心がけていました。

ご提案の際、特にどのような点についてお話をしていますか?

Aその質問の答えになるかどうかは分からないですけど、どうしても新たに資金をやりくりするのが難しいというお客さまもいらっしゃいます。そういう方に対しては、たとえば既存の「積立定期」「財形預金」の減額などを提案するなどの工夫はしていましたね。いくらお客さまにメリットある商品だと分かっていても、ムリにお勧めすることはせず、できる範囲での資産形成のために納得してご契約いただけるようお話しています。

お客さまがもっとも不安を感じたり懸念されていたことは?

A手数料への懸念が多かったですね。特にネット系の銀行など他の金融機関と手数料を比較されていました。そこはすごく理解できるのですが、やはり運用商品ですし、ご自身の大事な老後資産の備えを安心してお預けいただける銀行かどうかということでお選びいただければと思っています。

ご契約後に運用商品の変更のご相談などはありましたか?

Aいまのところまだ承っていません。ただ、そのような場合にも安心していつでもご相談いただけるよう、ご契約後もお客さまと密接なコミュニケーションをとっています。お客さまの中に「あとはお任せ」というお考えの方もいらっしゃいますので、逆にこちらは「契約後のアフターフォローの方が大事」という気持ちで、しっかりやっていきたいです。

お勧めする側としてご自身が感じるiDeCoのメリットとは?

A「節税しながら将来の備えを」ということに尽きると思います!iDeCoなら資産形成をしながら節税できるのでお勧めです。

いま資産形成をお考えの方や
iDeCoをお考えの方にメッセージをどうぞ!

Aとにかく税金は毎月かかってきますから、節税の意味でも「始めるなら1日でも早いほうが良い」ということをお伝えしたいですね。いますぐiDeCoでおトクな積立を始めて、安心したセカンドライフのご準備をお勧めします。

契約されるお客さまは、どういった方が多いですか?

A私が勤めておりますのが松江市役所の出張所ですので、男女30代から50代の市役所職員の方々、つまり公務員ということになります。

お申込の動機や理由として多いのは何ですか?

A節税メリットがいちばんですね。具体的なシミュレーションなどもかんたんにご提示させていただくのですが、「長期だとこんなに差が出るのか?」と驚かれる方もいらっしゃいました。

よくある質問やご相談として、どういう話題がよく出ましたか?

Aまず基本的にお客さまは公務員の方々が中心になりますので、やはり今年から公務員の方々も加入できるように制度改正されたことについてのご案内をしています。あと公務員のみなさんは法制度や金融システムには明るい方が多く、ご質問も「運用商品の選び方がわからない」「途中で引き出せないのか?」「転職や退職時はどうなるのか?」といった具体的なご質問が多かったので、丁寧にご説明させていただくとご納得していただけるケースが多かったです。

ご提案の際、特にどのような点についてお話をしていますか?

A「積み立てているだけで節税になる」とか「老後資金を貯蓄できる」とか、ですね。やはりお客さまは煩雑な手続きを敬遠されることが多いので、その必要性が少ないことをお伝えすると安心されます。

お客さまがもっとも不安を感じたり懸念されていたことは?

Aお客さまがというより当方が気を遣う点としては、やはり運用商品ですので「投資信託の仕組みから説明する必要がある」というところです。お客さまが納得できる形でご契約いただけるように、セールスというよりはむしろコンサルティングに近い姿勢で臨むように心がけています。

ご契約後もお客さまとの
コミュニケーションはとられていますか?

Aどれだけ懇切丁寧にご説明したつもりでも、契約時にお客さまがすべてを理解されているとは限りません。また運用状況なども日々少しではありますが動いています。お客さまのニーズにも変化が生まれているかもしれません。ですので、不明点やお困りのことがないか定期的にお声がけをさせていただいたり、お伺いしたりするようにしています。

お勧めする側としてご自身が感じるiDeCoのメリットとは?

Aやはり私も「節税効果」だと思いますよ。もちろんお預け金額や所得などによっても異なりますが、課税所得が400万円で毎月23,000円を積み立てた会社員の方の場合で、所得税+住民税が年間8万円以上安くなるというのは、みなさん驚かれます。

いま資産形成をお考えの方や
iDeCoをお考えの方にメッセージをどうぞ!

Aとにかくもう「こんないい制度はありませんよ」ということです。金利が低い時代が続いていますから、これからは情報収集して有利な選択をしないと資産を大きく増やせない時代。少しでも良い制度は、活用して余裕ある老後に備えていただきたいです。

いかがでしたでしょうか。行員さんのリアルなお話や、お客さまと行員さんとのやり取りの中から、個人型確定拠出年金がどんな方にどのように利用され、どんなメリットがあるのか、より具体的に見えてきたのではないでしょうか。そしてなにより、とにかく相談に行くだけでも行ってみれば、親身になって話を聞いたり、制度のメリット・デメリットを説明してくれる行員さんがいる。ごうぎんなびでは、まずは第一歩として皆さんに知っておいていただきたいのです。この記事を見て関心を持たれた方、いますぐご相談ください。