2017/6/30

暮らしが楽しくなるヒントやなるほど情報 こねくとタウン

TOP > こねくとタウン > 資産運用はじめの一歩

資産運用はじめの一歩

~キーワードは「余裕資金・少額・リスク抑制」~


みなさんご存知だと思いますが、日本は長きにわたって「低金利時代」が続いています。金利が低いということは住宅ローンなど銀行からお金を「借りる」場合にはうれしい反面、銀行にお金を「預ける」場合、単純に定期預金などをしているだけでは大きく資産を増やすことは難しいという見方もできます。

「貯蓄から資産形成へ」と言われている通り、「資産形成」を考えたときは預金だけでなく、もう少し利回りを期待できる商品で運用していく必要もあるのではないでしょうか。

とはいえ「投資なんて難しそう」「そんなお金はない」「リスクが心配」といった方も多いのではないかと思います。でも、それは言い換えれば「簡単に」「少額で」「リスクをなるべく抑える形」で始められる資産形成があれば考えてみたい、ということでもあるのではないでしょうか。

そこで「積立投信」です。少額から資産形成を始めるなら、この積立投信がオススメです。では積立投信とは一体どういうものなのか。改めて詳しく見ていくことにしましょう。

まず「積立投信」とは、指定された銘柄の購入を自動的に行うサービス。つまり一般的に投資というとイメージしがちな、最初にまとまったお金を単一の銘柄に一括投資するものではありません。

しかも、月々3,000円から1,000円単位といった少額でのご購入が可能。とても気軽に始められるので、たとえばこの夏のボーナスからでも始めてみてはどうでしょうか

※インターネット投信からの申込みの場合は3,000円から、窓口申込みは5,000円からとなります。

毎月一定額を購入するといえば、その都度、銀行に行く必要があると懸念されるかもしれませんが、指定の預金口座から自動で引き落としされる「自動振替」なので購入の都度、毎月のように銀行に足を運んだり、振込などをする手間は一切ありません。

もうひとつが「時間分散」です。最初の項目でもお話ししたように、積立投信では購入時に一括投資するのではなく、毎月積立型で投資していきます。これは「卵を一度に運んではならない」という資産運用におけるいわば格言の通り、購入タイミングを分散することで元本割れなどのリスクを低減できるというわけです。これを「時間分散」といいます。

「卵はひとつのカゴに盛るな」は、金融の世界でよく知られたある種のことわざ・格言のひとつ。「全ての卵をひとつのカゴに盛っているとそのカゴを落とせば卵は全て割れてしまう。しかしいくつかのカゴに分けて運ぶことで、万一ひとつのカゴを落としてしまっても、全ての卵が割れてしまうというリスクを避けられる」という教えです。

忙しい方にオススメしたいのが「インターネット投信」。パソコンスマートフォンで手軽に購入や換金、投資状況の照会や確認ができるので、仕事や子育てなどで忙しい方には特にオススメです。

しかも窓口で購入するよりも手数料がおトクになったり、銀行窓口が閉まっている土日や夜間でも取引ができるのも大きなメリットです。

※ご利用時間により申込日が翌日となる場合があります。

いずれにしても預金だけではなく増やすための資金をかしこく分散して運用し、上手に資産形成していくことが、これからの時代には求められます。「資産分散」や「地域分散」を行なったバランス型の投資信託や、「積立投信」による「時間分散」を活用することで、リスクを分散させることができます。自分自身の将来像や現在のライフスタイルなどに合わせて、「資産バランス」も、いまいちど見直してみてはいかがでしょうか。