日本の常識は通用しない?
お引越し&海外生活奮闘記!

書籍紹介

「ダーリンは外国人」の著者 小栗左多里さん&トニーさん一家の、ドイツへのお引越しを描いたコミックエッセイ。お部屋探しや交通機関、ゴミの分別ルールなど日本との違いに戸惑いながらも、新しい生活を切り開いていく日々。息子トニーニョくんの小学校生活もスタートし、毎日が新しい発見の連続だ。

書店員のおすすめポイント

新婚旅行で行ったドイツは食事もお酒も美味しく、何より美しい風景に囲まれた魅力的な国でした。いつの日かこんな町で暮らせたらと思った事もあったけど、やっぱり無理です。なぜなら語学力は無いに等しく、そもそも海外で新しい生活を切り開いていく強いメンタルはありません。そんな私はここ山陰の地で、小栗さん一家の次なる面白レポートが読める日を大人しく待っています。

書名:ダーリンは外国人 ベルリンへお引越し
著者:小栗左多里、トニー・ラズロ
出版社:KADOKAWA
価格:1,000円(税抜)

情報提供:今井書店