冬=湯けむり=おばけ!?
さむいふゆは、みんなでお風呂に入ろうよ!

書籍紹介

「ぼくもいれてくださいな」「どうぞどうぞおはいりなさい」。お風呂につかってごくらく気分のりゅうちゃんのもとに、次々おとずれる動物たち。リズミカルなセリフが繰り返されて、さあ次は誰がやってくるのかなと思ったら、ついに登場!窓からおばけがやってきた。逃げるりゅうちゃんと動物たちに「ぼくはいいおばけですよー」と叫ぶおばけ。むむむっとおばけの力を使って大きくなったお風呂で、最後はみんなでごくらくごくらく。

書店員のおすすめポイント

りゅうちゃんが羨ましい!小さな頃は1人でお風呂に入ると、換気窓の向こうにいるかもしれない「怖いモノ」を想像したものです。おばけなんてその筆頭で、自分の想像に恐くなってはお風呂場を飛び出していました。そんな私がこの絵本を読むと、その誰かが来るのが待ち遠しくなります。「どうぞどうぞおはいりなさい」なんて言いながら、誰かをお風呂に招き入れるのも楽しそうですし、白い湯気の中に手拭いを持って浮かんでいるおばけがいるならぜひ会ってみたいです。

おふろにいれて

書名:おふろにいれて
著者:せなけいこ
出版社:ポプラ社
価格:950円(税込)

情報提供:今井書店