「きんぎょがにげた。」「どこににげた。」
0歳から楽しめる探し絵本!

書籍紹介

一匹の金魚が、金魚鉢から逃げ出した。カーテンの中や、お部屋の中、食べ物の中…。見つける度に、また別の場所へ逃げて行く。逃げた金魚は最後、どこへ行くのだろうか?「どこににげた。」「おやまたにげた。」「こんどはどこ。」と、短い言葉でリズム良く進んでいくため分かりやすく、まだちゃんと話すことができないお子さんとも、一緒に楽しむことができる。絵がカラフルなので、見ているだけでも楽しい絵本。

書店員のおすすめポイント

金魚の周りには、フルーツやおもちゃなどたくさんのものも描かれているので、金魚以外のものを探したり、誰が一番早く見つけられるかお友達と競争したりと、いろいろな遊び方で何度でも楽しむことができます。「これはなに?」と問いかけることで、言葉を覚えるきっかけにもなります。今ではなかなか見かけることのない黒電話など、昭和感あふれるものも描かれており、大人も「懐かしい」と思いながらついつい夢中になって読んでしまう絵本です。

きんぎょがにげた

書名:きんぎょがにげた
著者:五味太郎
出版社:福音館書店
価格:864円(税込)

情報提供:今井書店