何を捨て、何を買えばいいのかが良く分かる「あの人素敵!」と思わせる極意

書籍紹介

「何でたくさん服があるのに、着るのはいつも同じものばかりになるの?」「せっかく買ったのに着ないのはどうして?」誰もが一度はぶつかる服への悩み。実はそれにはある悪循環があったのです!「安いものをたくさん買う」のではなく「良いものを長く着る」。その極意をお届けします。業界30年のスタイリストの本音をどうぞ!

書店員のおすすめポイント

今までの服に対する概念を根底から覆された一冊。ただ適当にたくさんの服を持っていてもダメ。いっそ捨ててしまいなさいという発想は目からウロコでした。一番響いたのは「流行=おしゃれ」ではないという事。いくら流行に乗ったとしても、その人に似合わなければ意味がない。そんな当たり前のことが見えていないと気付かされます。周りに合わせるのではなく、自分らしさを追求したい、そう思える本です。

服を買うなら捨てなさい

書名:服を買うなら捨てなさい
料理:地曳いくこ
出版社:宝島社
価格:1,296円(税込)

情報提供:今井書店