知性と愛嬌たっぷりの本書、読めばきっと好きになる

書籍紹介

NHK人気番組「あさイチ」でお馴染みの有働由美子アナの初エッセイ。5歳は老けたという紅白司会の舞台裏、38歳独り身でのNY勤務。最愛の母の死、など本音で語られるエピソードの数々は自虐ネタも交えられており笑って泣ける。タイトルのウドウロクは逆さまから読むとクロウドウ(有働)。NHKらしからぬ奔放さは女子アナという高嶺の花のイメージを良い意味でぶち壊している。働く女性に勇気と希望を与えてくれる一冊。

書店員のおすすめポイント

正直あさイチは見ないし、女子アナだし、最初は食指が動きませんでした。しかし余計な先入観を捨て読んでみると彼女の飾らない正直な言葉は真っ直ぐ心に入ってきます。視聴者から「さりげない、ほどほどの美貌」と言われ思わず頷き、好きだった人に「男社会で長く生きすぎ」と不意をつかれ・・・。失笑するも読み終わる頃にはすっかり有働ファンになっていました。決して独りよがりにならない本書は好感度をさらにアップさせること間違いなしです。

ウドウロク

書名:ウドウロク
著者:有働由美子
出版社:新潮社
価格:1,404円(税込)

情報提供:今井書店