虚栄心、嫉妬、保身、裏切り、敗北感、復讐心、欺瞞、執着、支配欲、憎悪… すべての負の感情が溢れ出す。
夫はなぜ嘘をついたのか。

書籍紹介

ニックは34歳、ニューヨークで雑誌のライターをしていたが、電子書籍の隆盛で仕事を失い、2年前に妻エイミーとともに故郷ミズーリ州の田舎町に帰ってきた。しかし都会育ちのエイミーにとってその田舎暮らしは退屈きわまるものだった。結婚5周年の記念日、突然エイミーが謎の失踪を遂げる。家には争った形跡があり、ニックには確かなアリバイがなかった。海外「イヤミス(嫌~なミステリー)」の決定版。

書店員のおすすめポイント

私はきっと性格が悪いのでしょう。小説にしろ、映画にしろ、人間の負の感情がどろどろと渦巻きそれが犯罪の動機となった作品に嬉々として魅了されるのです。この作品は、夫と妻、ふたりの語りが交互に出てきます。夫は、妻の失踪当日からそれ以降のできごとを。妻は、二人が出会った日から失踪までを日記という形で語ります。失踪当日を軸に、夫婦のすれ違いが詳細に描かれていくのです。エイミーの行方は。夫はなぜ嘘を重ねるのか。そしてあるページを開いた時にはあなたはきっと目眩を覚えるでしょう!夫婦という関係はある種のミステリーであり、ホラーなのかもしれません。

ゴーン・ガール 上・下

書名:ゴーン・ガール 上・下
著者:ギリアン・フリン
訳:中谷由紀子
出版社:小学館
価格:812円(税込)

情報提供:今井書店