選び抜かれた言葉で紡がれる、
深く澄んだ「行間」に浸る1冊。

書籍紹介

「このミステリーがすごい!2000年版」第10位にランクインした、本多孝好のデビュー短篇集。小説推理新人賞を受賞した「眠りの海」他、『喪失』をテーマとした5つの作品を収録。繊細な言葉で描かれる物語は美しくも、どこか哀しくも切ない気持ちを揺り起こす。もちろんミステリー的な要素も素晴らしく、どの物語も最後の最後まで想像できないような結末があなたを待っている。

書店員のおすすめポイント

本書に収録されている「祈灯」は私が最も好きな短編の1つ。轢逃事故で娘を失った両親と、亡くなった妹の名前を名乗る姉。事故の謎が解かれるにしたがって露わになる、両親の裏切りと姉に芽生えた一瞬の狂気。繊細な言葉で紡がれた物語は、ページをめくる毎に人間の弱さや醜さが胸をえぐり、一方で人を信じる強さも感じさせてくれます。映画やドラマでは絶対に感じることのできない「行間」の魅力をぜひ楽しんで下さい。

MISSING

書名:MISSING
著者:本多孝好
出版社:KADOKAWA
価格:648円(税込)

情報提供:今井書店