ブックタイトル第114期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
9/20

このページは 第114期営業の中間ご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている9ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

■ 各種ファンドの活用■ 事業再生支援先におけるDES※1・DDS※2・  債権放棄の取り組み■ ビジネスマッチング成約件数 452件( 平成28年3月期)私たちがお客様の課題解決をサポートします!■ M&A支援先数221件(平成28年3月期)■ 事業承継支援先数51件(平成28年3月期)■ 中小企業再生支援協議会の活用件数33件(平成28年3月期) 事業支援活動を通じた地域経済の活性化創業期再生期創業期低迷期成長期・安定期再生期低迷期再生期おかげさまで、山陰両県、山陽、兵庫・大阪のいずれの地域でも当行メインのお取引先は増加しております。???とっとり大学発・産学連携ファンド平成27年1月3先4億800万円設立日投資先数投資決定金額6次産業化支援ごうぎん農林漁業応援ファンド平成26年3月2先8,000万円実施先数実施金額2先1億円しまね大学発・産学連携ファンド平成27年1月2先1億7,000万円大学発ベンチャー支援詳しくはP.11~14をご参照ください。※1 DES(デット・エクイティ・スワップ): 債務(Debt)と株式(Equity)を交換すること。企業再生の場面では、融資の一部を現物出資する形で株式を取得するケースが多い。※2 DDS(デット・デット・スワップ): 既存の債務を別の条件の債務に変更すること。企業再生の場面では、既存の融資を一般の融資よりも返済順位の低い劣後ローンに切り替える手法のことをいう。(平成28年3月期)(平成28年10月末現在)■ 経営改善計画策定支援実抜計画策定先数 93件 (平成28年3月期)平成27年3月末平成28年3月末7,260先7,320先595先612先301先山陰両県山陽兵庫・大阪348先■ メイン取引先数の推移審査部 経営支援グループ岩崎 公審査部 経営支援グループでは、営業店と一体となって、お客様の経営改善支援に取り組んでいます。中小企業再生支援協議会等の外部機関とも連携し、DDS等の抜本的な事業再生を行い、地元企業の活性化に向けた取り組みを行っています。地域振興部 事業支援グループ副調査役 都田 雅志地域振興部 事業支援グループにて、主に「M&A業務」を担当しています。全国的に問題となっている経営者の方の後継者不在問題に起因して、現在、M&Aのご相談が急増しております。これらのニーズに対して、当行では、地域経済の活性化やお客様のさらなる発展につながるよう、M&Aアドバイザリーサービスを提供しています。M&Aの最大のポイントは、最良のお相手にめぐり会えるかどうか。我々は、最良のお相手が見つかるまで、探し続けることをあきらめません。8 ごうぎんPRESS