ブックタイトル第114期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
3/20

このページは 第114期営業の中間ご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

のイベントやキャンペーンの実施により、多くの皆様にご利用いただいております。低金利環境のなかでニーズが高まっている資産運用についても、株式会社ごうぎん証券と一体となり、真にお客様のニーズに沿ったご提案を行うべく、“コンサルティング営業”体制の一層の強化を進めていきます。地域のリーディングバンクとして「地方創生」にも積極的に関与しております。「地方創生」には、地方公共団体との関係強化が必要不可欠であり、平成27年4月に設置した「地方創生推進プロジェクトチーム」を中心に対話を重ねてまいりました。その結果、平成28年度は「島根県RESAS普及促進事業」を受託するに至りました。官民一体となり、「RESAS」を活用した政策立案のレベルアップなどにつなげていきたいと考えています。このような事業を金融機関として受託するのは、全国でも珍しい事例であり、地域経済や産業を的確に把握し、地元経済の持続的な成長につなげられる機会となるよう連携を強化してまいります。また、社会貢献活動にも積極的に取り組んでおり、平成18年から行っている森林保全活動は10周年を迎えました。そのほか、知的障がい者の方々の自立を支援する「ごうぎんチャレンジドまつえ」や青少年に対し教育活動を行う「尚風館」、スポーツ振興などにも一層力を入れ、地域の問題を地域で解決できる社会の実現に向け、独自のアイデアで貢献してまいります。皆様には、今後ともより一層のご支援、ご愛顧を賜りますよう心からお願い申し上げます。平成28年12月取締役頭取石丸 文男CONTENTS独自の視点で地域の問題解決に取り組む1 ごあいさつ15 「ごうぎん食のバリューアップ商談会」のその後財務ハイライト利益の状況、主要勘定の状況、安全性・健全性の状況316 森林保全活動10周年株主の皆様へ株主配当、株式事務、株主優待制度などについて175 リレーションシップバンキングへの取り組み7 山陰合同銀行が取り扱うビジネスソリューションごうぎん農林漁業応援ファンド~農林漁業者の6次化事業展開を応援します~1311 とっとり大学発・産学連携ファンド夢の新素材「キチンナノファイバー」9 地方創生への取り組み~「島根県RESAS普及促進事業」受託~経営理念地域の夢、お客様の夢をかなえる創造的なベストバンク行動基準私たちは、企業の付加価値向上と個人の豊かな生活の実現に取り組み、当行も収益を上げる新たなビジネスモデルを確立します。重点施策リレーションシップバンキングをベースとした収益の拡大地方創生への取り組み有価証券運用の強化経営基盤の強化CSRの実践2 ごうぎんPRESS