ブックタイトル第114期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
14/20

このページは 第114期営業の中間ご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている14ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

~農林漁業者の6次化事業展開を応援します~地域の夢を結実当行、(株)みずほ銀行、(株)農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)およびごうぎんキャピタル(株)が出資し設立した「ごうぎん農林漁業応援ファンド投資事業有限責任組合」(以下、「本ファンド」)は、平成28年10月25日、第2号案件として(株)MJビーフへ3,000万円を出資しました。同社は、流通量が少なく稀少性の高い和牛の経産牛(出産を経験した牛)の熟成肉製造・販売事業に取り組まれます。和牛経産牛特有の脂身が少ない赤身肉は熟成加工することで肉質がやわらかくなるとともに風味も高まり、健康志向の高まりや外国人旅行客の増加を追い風に、ブランドの確立、販路拡大などが期待できます。本ファンドは、今後も6次産業化事業体への出資、経営支援を通じて農林漁業の競争力を高め、雇用創出等を通じた地域経済の発展・活性化に貢献してまいります。「ごうぎん農林!販売経産牛出資スキーム図(株)MJビーフ和牛経産牛の熟成肉製造・販売効果(株)S・Bファーム経産牛を仕入れし、自社と委託農家で再肥育スーパー飲食店食肉卸経営支援など出資ごうぎん農林漁業応援ファンド付加価値向上農産品販路拡大ブランドの確立地域の雇用創出生産者所得向上ごうぎんPRESS 13