ブックタイトル第114期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
13/20

このページは 第114期営業の中間ご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている13ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

●病原菌への抗菌性●作物の免疫活性化●生長促進 など●高強度●高弾性●低熱膨張●透明性 など●ダイエット効果●整腸作用●小麦生地強化(製パン性向上) など記者会見の様子(平成28年5月19日)記者会見で発表する伊福社長※その他への用途展開 機能性衣類、塗料 など素材「キチンナノファイバー」鳥取県の特産品「ズワイガニ・ベニズワイガニ」の殻を利用!!商 号株式会社マリンナノファイバー所在地鳥取県鳥取市湖山町南4丁目101番地(鳥取大学内)設立日平成28年4月28日代表者代表取締役社長 伊福 伸介事業内容キチンナノファイバーの研究開発・製造・販売出資先概要・効用資材フィルム食品期待される展開などの補強繊維への添加剤(株)マリンナノファイバー 伊福社長の想い私は、元々京都大学で樹木に含まれているセルロースという物質から繊維を取り出す研究をしていました。9年前に鳥取大学の教員に応募する際の研究テーマとして、カニで有名な鳥取県ならではの研究をしたいという想いから、それまで大量に廃棄されていたカニ殻の再活用をしたいと考えたのです。セルロースとキチンとは構造が似ているため、研究はスムーズに進み製法特許も取得しましたが、実用化までは長い道のりでした。この新素材「キチンナノファイバー」は宝の山。未知の機能をもっともっと引き出し、地域の活性化に役立てたいと考えています。V OICE12 ごうぎんPRESS