ブックタイトル第114期営業のご報告 ミニディスクロージャー誌 ごうぎんPress

ページ
11/20

このページは 第114期営業の中間ご報告 ミニディスクロージャー誌ごうぎんPress の電子ブックに掲載されている11ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

山陰合同銀行の決算の概要、経営方針、お客さまへの思いをつづった、「ごうぎんPress」です。

島根県RESAS普及促進事業について■ 主な業務内容島根県雲南市役所での研修会の様子島根大学CIC2016の様子地方創生に貢献地公体職員研修島根版事例集作成出前講座地域の課題解決のシステムの普及促進糸口を提供地域課題解決プラン制作委員会 in 島根大学を開催国立大学法人島根大学の協力のもと、地(知)の拠点整備事業の一環として実施するCIC2016※に参加し、学生の皆さんとRESASを活用して地域課題解決プランを検討しました。対象地域は学生の皆さんが暮らす“松江市”、検討テーマを“観光”としてグループワークで政策アイデアを検討しました。非常に短い時間にもかかわらず、学生の皆さんが活発に議論し、最終的に全4グループが地域の現状分析・課題発見・政策アイデアを創りあげてくれました。※Community Innovation Challengeの略。この取り組みは、地域の企業や自治体、各種団体等が実施するプロジェクトに学生が参加することで、島根大学が推進する「地域実践型教育」の社会人基礎力等、自己の能力の涵養やキャリア形成につながる活動として実施されています。現場リポート!地公体職員向け研修会の実施島根県内7圏域9会場にて、RESAS分析にかかる市町村説明会を実施しました。RESASを利用している方だけでなく、利用経験が少ない方も積極的に参加いただきました。地域経済循環マップを活用した分析を中心に、地域の産業特性を活かしたケーススタディについて説明を実施しました。参加者の方からは、「地域の全体像が良く分かった」「これまで以上にRESASを政策立案現場で活用していきたい」といった声が聞かれた一方で、RESASの課題などについても多くの意見が出されました。このような貴重な現場の声を、積極的に国へ届けていきたいと思います。全国でも地域金融機関が受託している珍しいケースです。10 ごうぎんPRESS